人気ブログランキング |

春が来る!

f0045624_22373160.jpg


冬に、しかも雨降る中で庭仕事をするのが'真のガーデナー'で、気候がよくなったイースター以降にお庭いじりをはじめるのは'にわかガーデナー'なのだそうだ。旦那は前者だが、私は常日頃から後者であることを心がけている。

しかし、よせばいいのに先週末ガーデンセンターによってしまった。案の定誘惑に耐え切れず、洋ナシの木を2本買う。交配の関係上一本ではだめなのだ。でも、これらのうち一本はComice。ふっふっふっ...いっちばん美味しい(と私は思っている)洋ナシ!

冬も終わりだからいい加減植樹を終わらせなければいけない。買って増やしてる場合ではない。家でぬくぬくしていたい'にわかガーデナー心'に鞭打ってスコップを握る。

ところで、我が家はイギリスに多い石灰岩盤層の上に肥えた土が申し訳程度にのっかっている上に建てられている。このフリントと呼ばれるでっかい石ころの混じった石灰層を掘るのは至難の業。その上、8年前の増築時に業者が不要となったレンガを庭にばらまき、その上に土をまいて芝生をのっけた状態なので、ちょっと穴を掘る=古いレンガフルサイズ2個、半分のサイズ4個、そしてフリント2個を掘り起こすという図式。1.5mの若木を植えるための穴をひとつ掘るのに40分から1時間かかる。同じイギリスでも全く違う地質上に建てられてる義理ママんちの庭では同じサイズの穴をものの5分で掘ることができる。

何で二本も余計に買い足しちゃったかな~と恨めしく思いながら、先週末と今週末でこの洋ナシの木2本、かえで、ヘーゼルナッツ、プラタナス、桑、ノルウェーメープルの計7本を植え終わった。しかもこれらのスペースを確保するのにバラや多年草、ブドウ、そして1.5x1.5mの巨大な潅木を動かさねばならず。か、身体が痛い。

でも、湯気の立つマグいっぱいのミルクティーをすすってふと足元を見ると、今年はまた出てくるかな~?と心配していたダブルのチューリップが芽を出している。クロッカスの一群も「遅いよ、気づくのが!」とばかりにぐんぐん伸び、無言の桜の木達はぷっくり膨らんだ芽達に覆われている。

春が来る!

こういうときは都合よくすっかり真のガーデナー気分にひたるのだった。
by uk_alien | 2006-02-20 22:56 | garden

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る