人気ブログランキング |

ネイバーズ

f0045624_20331333.jpg


ちょうど一昨年前、サンルームを作ろうと計画し、隣から反対を受け、控訴も却下された件は建て増し申請却下控訴の結果に書いた通り。その後、業者と相談し、奥行き3分の1を削って3mとし、カウンシル(地域の役所)に再申請した。反対申し出期限は3月4日まで。さあ、隣のビッチ、再攻撃に乗り出すか?

ビッチの前回の反対理由は①日当たりの悪化、②景観の悪化、③位置はビッチ側ではなく反対側にも作れるではないか、というもの。またカウンシル側の却下理由は(a)隣人の反対、(b)グリーンベルトのフィールドからの景観の悪化、(c)カウンシル基準の3mを超えたものであること、だった。

控訴後、お上からの最終申請却下の理由文では、

- ビッチの①日当たりと③位置、及びカウンシルの(b)グリーベルトからの眺めは申請却下の理由にならず
- しかし、申請されたサイズは②隣家からの景観を害し、(c)カウンシル基準3mを超過してよしとする理由は見当たらず、隣家のliving conditionのdeterioration(すごい表現)につながる

と判断された。外人の私が読んでも「3mならいい」というお墨付きをもらったも同然。

「やっぱり可哀想なのでは...」と思われた方はちょっと待ってほしい。東に向かって左右に並ぶ我家(南側)と彼ら(北側)の家の境には高さ1.8mのフェンスが既に存在している。このサンルームのプランは、境界線から更に80cm我家側に入ったところ。天井も壁もすべてガラス。4.5mのプランではさすがに向こう側から目に付くかなと思われたが、3mは全く常識の範疇だと確信している。

しかも彼らが最近庭のど真ん中にこさえてくれたデッキング+パーゴラは約4m~4.5m四方x2mの高さ。地面は家から離れる方向で下りの斜面になっている。水平に4.5mせり出すということは約2mの高さを加えることになる。そこに「座る」だけで我家の庭はゆうゆうと見下ろされてしまうのだ。立ったら全て丸見え。プライバシーもへったくれもない。しかもこの巨大な建造物+新しく打ち立てた2.1mのフェンスは、家とは反対側の境界を共有している隣人の庭から光をすっかり奪ってしまった。両家でプライバシーの喪失と景観の喪失をカウンシルに訴えたが、こうした建造物はテンポラリーとみなされ、建物に関する法律に沿わなくてもよいようになっているのであえなく却下。この光を奪われた隣家は「それでもビッチの顔がみえないんだったらフェンスのほうがまし」といっている。

私たちがせっせと木を植えている理由がお分かりいただけるかと思う。

しかし我々のこんな植樹行為はまだ可愛いもので、以前このビッチが今の私たちの家に住んでいたとき(があった)にやりあった更なる南側の隣家は一年で数メーター、二年もすれば優に5mを超す常緑樹のサイプレスツリーを境界に沿ってみっしり植えたそうだ(笑)。さぞ暗くなったことだろう。ビッチも一旦引越し、サイプレスツリーの家も新しいオーナーになって全て切り倒してくれたおかげで今は眺めは回復している。

隣家の争いとは恐ろしいものだ。

3月4日の締め切りを楽しみに待つとしよう。
by uk_alien | 2006-02-21 20:39 | conservatory

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る