後ろめたい本

義理ママは気に入ったTV番組があるとHDに録画して週末に訪ねる私達に見せてくれる。

大抵はBBCのドキュメンタリーかコスチュームドラマ。前者はともかく後者は勘弁してね、としっかり主張はしているのだが、先の9月に放映されたITVのLost in Austenは、幾度かトレーラーを見て興味があったので見てみることにした。

f0045624_0585797.jpg


4週分のうち2週分を見て、「結構面白い」という私に、原作は読んだことがあるかと義理ママがきく。「Jane Eyreなら読みましたが」と冗談でいうと、

「それは Brontëだ、全然違う、Pride and Prejudiceを読んだことがないならこのドラマの面白さの半分も味わえないだろう」

と真剣に眉をひそめ、彼女のボックス入りペンギンAustenシリーズからPride and Prejudiceを取り出し「You OUGHT to read this to be able to fully enjoy this drama!」といって手渡してくれてしまった。

私の読む本はこの義理読みが半分を占めてるんじゃないだろうか...といぶかしみながら、のめりこんでいたJason BourneシリーズをSupremacyが終わった段階で中断し、テスコで3ポンドで衝動買いしたWarshawskiシリーズのFire Saleも手付かずで棚に置いたまま、Mr Darcyの世界に入り込むことにした。

正直言って、まだるっこしい。読んでいて自分が楽しんでいるのか苦しんでいるのかよくわからない。時々何度読んでも何を言いたいのか皆目見当がつかない場所もあって、「ま、こういうことを言っているんだろう」と思い気にしないことにした。

ともあれ。表紙に印刷されている肖像画 - パールのネックレスとドロップイアリングをつけ、胸のおおきく開いたドレスを着ている古めかしい感じの女性の絵がどうも気恥ずかしく、更に、JANE AUSTEN / PRIDE AND PREJUDICEと大きく白抜きされたタイトルもなぜか居心地が悪い気がして、バスや電車の中で取り出すときも、まるでいかがわしい本でも読んでいるような妙に後ろめたい気持ちになって、ささっと開いて表紙を隠す。

あやしい。
[PR]
Commented by ihoko at 2008-10-24 14:13 x
私ね。ハーレクィーンロマンスを一度どんなものが読んでみたいんですけれど・・恥ずかしくて買えない。で・・もし買っても人前で読めない。そこらには、置いておけない。恥ずかしい・・それと同じくらい。
あやしい~~~。が・・良く考えたら、ヴォバリー夫人やアンナ・カレニーナなども、昔のクィーンロマンスなんだから、世の中変わったら見方も変わるんですけれど・・・
Commented by hiroex at 2008-10-24 20:48 x
私の義理母は詩人で翻訳家。先日来英した時に、出版したところの本の私に上げる分を忘れたと本人は悔やんでましたが、私の心の中はラッキー♪と叫んでました。ノーベル賞作家の翻訳本らしいのですが明らかに読みながら苦しさを味わうことは分かっているので…
Commented by uk_alien at 2008-10-26 21:21
ihokoさん、そうそう、なんか妙に気恥ずかしいんですよね。
そういえば日本だと書店で本にカバーがかけてくれますよね。今から考えるとあれもすごいというかめずらしい習慣だと思うんですが....。
Commented by uk_alien at 2008-10-26 21:24
詩人で翻訳家というのは崇高ですね、hiroexさんのお義母さまは。
本をプレゼントされるのって、よし悪しですよね。違う傾向の本が読めるっていうのはいいけど、本を読む醍醐味って選ぶところからはじまると私は思うので、そこのところを省かれちゃうとなんか拍子抜けしてしまうような感じがします...。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uk_alien | 2008-10-24 01:06 | books | Comments(4)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧