人気ブログランキング |

同じようで同じでない不思議

f0045624_22181011.jpg


これまで、電車の運転をご職業とするイギリス人には三人お目にかかったことがある。

三人、というのは母集団の数に対しあまりに小さいサンプルなので一般化してはいけない...と思いつつ、...似ている、あまりに似通いすぎている。というのが昨夜友人を介してのお食事会で三人目にあった時の印象。共通点として100%白人、66.6%が中年、がっしり大柄だがお腹はビール腹、という点はさておき、

① ゆったりと構え何事にもあわてない(といえばいいのか'To-be-honest,-I-don't-care'メンタリティーというのか...お気にされないご性格)
② ご職業に大変ご満足されている

昨夜の彼はキャリアを選択する際セールスの職業とこの電車の運転手という二つの選択があったそうだ。セールスの仕事は運転手の2倍の額は稼げそうだったが、有給休暇、病欠の有給処置、勤務時間、ストレス、年金を考えると、長い目でみて断然運転手の方がよいと判断したという。

彼の勤務時間は週35時間。週休三日が3週間に一度やってくる。超過勤務はないため、ホームライフは存分に楽しめるそうだ。勤務を終えれば引き摺るストレスは一切なし。労組さまさま、さらにさま、だろう。

「金融街の連中は年収10万ポンドやらそれ以上って稼いでるけど、働く時間でならすと自分の方が断然多く稼いでいることになるのさ。」

それでも客からの罵倒・暴力はまったくないとはいえないそうだ。一度は夜遅くにターミナルで運転席に座っているときに、黒人からのハッピースラッピング(理由もなく相手を殴っていい気分になるという昨今の風習)、顔面パンチを一度くらったらしい。警察には届けたが、CCTVの画像はターミナルの端までは届かず(!)お蔵入り。別の時には電車を夜の間格納しておくポイントでまだ乗車していた客(なんで最終駅で全員降車のチェックがなされないのだろう、という疑問はさておき)に「降りてくれ」といったところ、いきなりナイフが出てきたので当然すばやくその場を去ったそうだ。その乗客は警察が来たときにはいなくなっていたらしい。

こうした経験を除けば楽チンな仕事、だそうである。

一方、私は東京の丸の内線の車掌と友人関係だったことがある。彼は、小さいときから電車の運転手になりたかったそうだ。しかし、運転手になるのはかなり倍率が高く試験も簡単ではないので、車掌のキャリアを選んだそうだ。彼は車掌の仕事に大変誇りをもっており、乗客の安全が第一、そしてその第一義を遂行しつつ、電車をスケジュール通りに運行するのは大変だがやりがいはあるといっていた。線路のどこどこで○分の遅れが出がちなのだが、どこどこの直線ラインで大抵遅れはとりもどせる云々と真剣に言っていたのを覚えている。これまたサンプルは一人なので一般化してはいけない、のだが、私の記憶では、彼の職務モラールは大抵の鉄道関係者に共通のものであったような気がする。

「郷に入れば郷に従えだよ」

その通りだ。違いを云々しても仕方がない。しかし、私が興味を覚えるのは、一方では「鉄道システム」が定言的に「国にとって重要なインフラストラクチャーの一つ」として両国に同様に存在すことで、あたかも同質のものであるかのような錯覚を私たちに起こさせるのだが、もう一面ではその運行の仕方、運行実績、職員のモラールなどがしっかりとそれぞれの国の文化やだどってきた鉄道の歴史を反映して、その結果、両者はまったくもって「別物」なのだということを思い知らしめるという、そんな不思議な、異文化間のパラドックスに入り込んだような感覚だ。

ちなみにこの不思議さは怒りを超越することでやってくる。

PS こういう不思議な異文化感覚をスタートレックは巧みに表しているなと思う私は実は隠れVoyagerシリーズファンなのだった。
by uk_alien | 2006-02-26 22:49 | concept

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る