カテゴリ:just a diary( 59 )

雪のため欠勤いたします



昨日の記録的な大雪のおかげでイギリス南東部の道路・公共交通機関はほぼ壊滅状態。おかげで私は昨日今日と2日続けてお休み。わーい。

「雪で会社に行けない」という言い訳は大和魂の辞書には存在しない...と思うけれど、郷に入れば郷に従え、辞書にも学習機能があるわけで。

それでもとりあえず主要幹線と電車運行の様子を見るために、両日とも朝早く最寄り駅まで犬を連れて旦那と一緒に歩いた。二人とも山岳用のブーツにゲートルを着け、ウォーキングスティックを持参、といういでたち。普段なら20分くらいで歩ける距離だけど、ひざ上まで届きそうな深さの雪を掻き分けて歩くとなるとかなり大変。なぜか「八甲田山」という映画を思い出す。見たことないけど。

駅に着くと、すれちがいざまに男の人が「30分待ったけど、電車は来ないよ。今そこで停車しているロンドン行きの電車は僕が待ってる30分の間、ずっとあそこに停まったまま動かない。Oh dear。悪いことは言わないから家に帰ったほうがいいよ」とアドバイスをくれた。電光板とアナウンスは全てのサービスは停止されたと言っている。Oh, dear。

「あの電車に乗って足止めを食らっている連中は、イギリスの公共交通機関がこの悪天候を耐えしのげると思ったんだろうか」といぶかしむ反面、彼らのイギリス人らしからぬ就業へのコミットメントを賞賛しつつ、再びよったらよったらと家に向かった。

途中、幾人かの四輪駆動のガズガズラーオーナー達が、普段無意味と申し沙汰されているこの動産の所有意義を世間に知らしめねば、とドライブウェイの雪かきにいそしんでいる。笑顔で挨拶を返しつつも、四輪駆動といってもスノータイヤじゃなきゃ危ないんでないかいという疑心がぬぐえず。Good luck!と手を振る。

さらに行き進むと、四輪駆動でもない普通の車が、一旦は道路に出たものの間もなく雪で動けなくなって道の脇に置き去りにされている。脇に寄せられただけでもラッキーというべきか。

家の前の急な坂道のふもとまで戻って来ると、また一台、坂を上ろうとしてスリップし、思いっきり雪にはまり込んで動けなくなった車がいる。見覚えがある車なので運転席を覗き込むと、やはり近所の奥さん。

「いやー、友人の手術の日でね。道路に出てみて、こりゃ運転すべきじゃないとは思って戻ろうと思ったんだけど...。あ、大丈夫、大丈夫。今旦那に電話したから、助けに来てくれるって」

彼女のフォードエスコートハッチバックのふくよかなおしり部分は、急な下り坂の急カーブの真正面に突き出ていて、降りてくる車が曲がりきれず、スリップしてぶつかるにはまさに絶好なポジションに位置している。「Mind you, if a car hits there, it'll straighten this up!」タフね、奥さん。

私たちが押しても全く動かず。「スコップと、バケツにグリットを入れて戻ってくるから」と申し出ると、「旦那が今来るはずだから心配しないでいいよ~」とお気楽な彼女。

とりあえず彼女を車に残し、「旦那さんが車で降りてきたら大笑いだよね」と話しながら家へ向かって歩き始ると...旦那さんが車で降りてきた。Un-be-lievable。

落ちかけた顎をすくい上げ、気を取り直して「スコップか何か持ってきた?」と聞くと、「や、何も持ってきてないよ。おお、見て、妻があそこにスタックしてる」

We'll be backと言い残し、一旦家に帰り、スコップとバケツを持って旦那は再びレスキューに向かった。しばらくして戻ってきた旦那に「どうした?」ときくと、「どうしたもこうしたも、ないよ。スコップとグリットを使って奥さんの車を道の脇に沿って真直ぐに停車するので精一杯。旦那さんの車は勿論坂下に残したまま全員で戻ってきた」

以前から、いい人たちだが少々足りないのでは...と疑っていたが。もしかしたら先の電車に乗っていた連中も、雇用への責任感からというよりは単に無謀なだけかもしれない。



犬は喜び庭駆け回り...という日本の童謡はどうやら長毛犬にはあてはまらないようで、胸から脇の下、お腹とおしりにかけ、大きな雪だまが固まって連なってしまうウォルターはいたってアンハッピー 笑。
[PR]
by uk_alien | 2009-02-04 04:34 | just a diary | Comments(2)

New Year's Eve

無理をしないで休み休み生活することでオフィスを猛威席捲する風邪菌をやりすごしていた。それでもstomach bug、ウィルス性の胃腸炎だけは例年通りクリスマス前にしっかりキャッチ。なぜに?

アルコールは控えめに、ポーションは小さくと予防線を張ってクリスマスに挑んだが、調子に乗って食したボクシングデーのビンテージポート(1985)とクリーミーな羊のチーズは私のmade in the Orientの胃袋とはさっぱり折り合いがつかず、夜中にしっかり再会。

f0045624_1835324.jpg


このまま暫くはお粥一本で養生したいところだが、大晦日は年に一度のジャパニーズディナー。11月にジャパセンで買っておいた35ポンドの日本酒を無駄にするまじ。苦情を申し立てる胃袋に冷たい一瞥を食らわし、いつもの店に鯛とサーモンの刺身を注文した。

大晦日にスーパーへ引き取りに行く。韓国人のごつい兄ちゃんが「鯛は今朝届いたんだ。新鮮だよ」といって12ポンドのうすっぺらい鯛の半身と、9ポンドのサーモンのでかいブロックを手渡してくれた。

30日、31日と休みをとっておいたので、家中は大掃除済み。エスニックな伝統に従うというのはいいことだ。スパークリングクリーンなキッチンで生まれて初めて自分で鯛を刺身用にスライスする。余談だが、鯛の刺身はなぜか「人魚の刺身」を彷彿させる。しかし、これを英語でいうと奥行きがなくなり異様に残酷な響きだけが残る: sliced raw meat from mermaid。ディズニーのせいだな。 サディスティックな喜びを感じながら旦那と交互に新鮮で透明な刺身をスライスしていった。

f0045624_18351468.jpg


野菜の天ぷらを揚げ、日本酒を試す。嗚呼、flowery and flavour-some。すっきりした口当たりの後にエレガントな風味が広がり、鯛の刺身によく合う。期待通り。ジャパセンのお姉さん、試飲させてくれてありがとう。

8時過ぎには食事を済ませ、ぼんやりオペラ座の怪人の映画を観、風呂につかって新年の抱負に思いをめぐらす。

f0045624_19231733.jpg


12時が近づき、暖炉の火で乾いてしょぼしょぼする目をなんとか開きながらTVで花火を暫く観た。テーブルランプ達を消灯し、ベッドへと向かった。

A Happy New Year to Us.

新年への期待と決意でとても新鮮な気分。
大晦日は一年で一番好きな日。
[PR]
by uk_alien | 2009-01-03 19:50 | just a diary | Comments(9)

労働の美学

春に向けてバラやらなにやらの最後の剪定を済ませた。更に、背が高くなりすぎて、畑の日のあたりを悪くしているhawthornとelderの木を、はしごに登ってチェーンソーとロッパーを使ってドラスティックに剪定した。切り落とした幹やら枝やらをさらに細かく切って片付け終わった頃には全身の筋肉がふるふると震え、その後2週間近く全身筋肉痛に苦しむことに。

ずっと先送りにしていたフロントガーデンのフェンスのデザインをPAINTを使ってあれこれ悩んだ挙句に決め、見積もりをとり(といってもお決まりのfeatherboardとpicket fencingで大したことはないんだけど。税込み2千ポンドなり。これで初夏のホリデーはパー... 泣)、そんなこんなのうちに息つく暇もなく夫婦二人+動物達の静かな生活から、日本人の学生さんとベルジアンガールズ三人が加わって、目下我家は一気に大所帯ファミリーの様相を呈している。

相変わらずジャパニーズガールとの話はつきず(本当にいい子なのよ)、彼女が帰国した後ぽかんと空いてしまうスペースを今から恐れている毎日。一方、「他のクラスメートと比べて格段に美味しいサンドイッチを作ってもらった」といってとてもハッピーなベルジアンガールズは昨夜、寝る前にパジャマ姿で階下に降りてきて、順番に私たちにgood night kissをしてくれた。がわ゛い゛ずぎる゛~。(食べ物の力は偉大だ。)

仕事の方はといえば、ボスがキャパオーバーを理解してくれ責任の一部を除外してくれたおかげで人間らしい毎日を送っている。血まなこで頑張ったのをわかってもらえたようで、6ヶ月のprobation期間中だったにも関わらず異例のボーナス支給と昇給処置をしてくれた。

よかった、よかった。
[PR]
by uk_alien | 2008-03-09 03:25 | just a diary | Comments(0)

外人身分

f0045624_3401352.jpg


ごんごん、とドアをノックされたのでチェーンをかけて出てみると、鼻先にnPowerのIDをぬっと出された。

「エナジーサプライヤーについてご質問できればと思うのですが、お時間よろしいですか」

とセールスマンらしく押しの強いso-matter-of-fact-that-you-can't-possibly-say-no口調で言ってくる。仕事で泥のように疲れて帰宅し、気を取り直して美味しいコーヒーを入れた直後。このクオリティータイムを奪われるのは冗談じゃない。

とっさに以前ihokoさんやleira-londonさんが残してくれたコメントを思い出したので、即実践。

Are you the home owner?
あー、のー、のー。ジャストキーピングザハウス。
You're keeping the house? Where's the home owner now, then?
ひー、あー、ひー、あっとわーく。アイドンスピークグッドイングリッシュ。ソーリー。

といってぴしゃりとドアを閉める。

素晴らしい。彼は「ちっ」とは思っても大して嫌な思いはしていないだろう。
そして私も最小限の時間のロスで済んだ。

外人でいるって、たまにはいいこともある。
[PR]
by uk_alien | 2008-02-07 03:42 | just a diary | Comments(8)

名物のお味は...

f0045624_2281817.jpg


イギリスは日本と違い、「サラリーマンに安くて美味しい定食を出す店」なんてものはないから、皆殆ど外食はせず、買うか持ってくるかして、静かにデスクで仕事をしながら食べているのが常だ。しっかり一時間休憩をとっていた日本の習慣が懐かしい。

そうした事情に加えて、パート勤務になったこともあり、今では「ランチする」ということがすっかりなくなってしまった。

時折あるお誘いも、時間内に仕事を終わらせたいがために大抵はお断りしてきたのだが、今日は二週間前からHRのチームが某店名物の「フィッシュフィンガーサンドイッチ」を食べに行こう!と計画して誘ってくれていたので、お言葉に甘えてジョインすることに。ホリデーで行けないと辞退したお局様曰く、「いいとろを選んだわね。あそこのフィッシュフィンガーサンドイッチは格別よ。絶対後悔はしないわ」とのことだったが、さて、名物のお味は...

うーん、やっぱりまずい。

ま、食べ物は別として、女5人であーだ、こーだとくっちゃべるというのも久しぶりでとても楽しかった。特にHRのヘッドが混じると話がカラフルで興味深い。

あー、チームワークが懐かしくなっちゃったな。
[PR]
by uk_alien | 2008-01-25 02:35 | just a diary | Comments(0)

それでも掃除はしなくちゃ

今日、年明けてから初めてのホームステイの生徒さんたちを迎え入れる。
しばらくだれていたので我家は掃除が足りない(汗)。
まったく、もちょっと気を入れて家事をやらないと...。

f0045624_133771.jpg


こうしてホームステイの生徒さんが来てくれるおかげでいやでも掃除、片付け、皿洗いをせざるをえないため、散らかし屋二人+動物3匹の我家でもなんとかとりあえず人の住処のようななりを保っている。

やっつけ掃除を始める前に、コンサーバトリーに座って腹ごしらえをする。目下去年買ったジャズミンが蕾をつけている。花が咲いたらとてもいい香りが家中ににあふれるだろう。楽しみだ。

f0045624_131722.jpg


さ、今日もこれから掃除しなくちゃ。

でも、実はわくわくしててとても掃除どころじゃない。先日、清水の舞台から飛び降りてカメラとレンズを買ったのだけれど、その数日後に、一番欲しかった35mm f/1.4を縁あって手に入れる機会に恵まれ、ついに購入。今日手元に届いてもう有頂天!

それでも掃除はしなくちゃ...
[PR]
by uk_alien | 2008-01-17 01:21 | just a diary | Comments(6)

寄り道

イギリスでの生活にも大分慣れた。

慣れること自体は精神衛生上いいことだけど、一刻を惜しんで外に出かけていた以前の自分と比べると、今はとてつもなく怠惰。冬にふらふら出歩くなんざとんでもない。仕事が終われば直帰!

f0045624_1441041.jpg


これではいけない、と思って少し寄り道をすることにした。

f0045624_145047.jpg


冬に遺跡を訪ねるなんざ...十ん年ぶり。やっぱり人っ子一人いやしない。

f0045624_1451547.jpg


冬の閑散とした景色は、初夏のそれに比べると、たいそう荒涼として興ざめだ。でもやっぱりそれはそれでどことなく風情があり、逆に天気など気にせず、見知らぬ街へ出向いては心の地図を広げていった昔の自分が思い出されて微笑ましく思った。
[PR]
by uk_alien | 2008-01-16 02:13 | just a diary | Comments(2)

ハイエナと化す

仕事が終わって駐車場に停めた自分の車に戻ると、ハザードがついている。

今朝隣の車がすごい停め方をしていたので仕方がなく助手席に移動して外に出たのだが、そのときにハザードのスイッチを誤って入れてしまったに違いない。

それでもエンジンはかかるだろう...と思ってイグニッションを回すと...たら~...バッテリーがあがっている。

日本車はブレイクダウンすることがまずないので私たちはAAやRACのメンバーにはなっていない。外は暗く、寒く、雨が刻一刻勢いを増して降っている。バッテリーをつなぐケーブルは車に積んでいるけれど、この時間のこの駐車場は、子連れのお母さん達か年老いたカップルしか歩いておらず、雨の中こういうテクニカルなヘルプを提供するプロファイルからは大分ずれている。

まずい、どうしよう。

とりあえず、マチュアといっても男は男。一人目にトライ。
「うーん、車の中で赤ちゃんがぐっすり眠っているんだ。だから車を動かせない。他の連中がレジャーセンターに行っている間この孫のお守りをしているんだよ。ごめんね。」
あえなく撃沈。

二人目。やっぱりマチュアな男性。「助けになるかどうかはわからないけど...」と自分の車を回してくれたはいいけど、ケーブルを使ってエンジンをスタートさせるのはよくわからないから、私の車をハイギアに入れて後ろから押してそれでスタートさせよう、という。おいおい、おじさん。右手がもうぷるぷる震えているじゃないの。あなたが押すとしたらそれは歩行器であるべきよ...とは言わず、「そんな危険なことを強要できないわ、誰かにジャンプスタートしてもらうから、気にしないで」といって別れた。

やさしそうで、頼りがいがありそうで、更にメカにも強そうな若目の男...そう、私には男が必要なのよ!と心の中で叫びつつハイエナのように駐車場を徘徊する。うう、やっぱりママか年寄りしかいない。雨に打たれ続けて「もうだめだ」と思った瞬間、駐車場に併設されているレジャーセンターからコスタのコーヒーを片手に抱えたスーツ姿の男性が出てきた。年のころは30後半か40前半、スマートなアッパーミドルプロフェッショナル。「一日の仕事を追え、家に向けて運転して帰る前に暖かいコーヒーを買ってきた」に違いない。ターゲットプロファイル!

一瞬躊躇したが「He IS your man! GRAB him!」という頭の中の叫び声に従って駆け寄り、事情を話した。すると、二つ返事でOK。停めてあるネイビーのアウディのエステートを私のdwarfマイクラの横に並べ、ケーブルを繋ぎ...voila!エンジンがかかった。

雨の中もう本当にすみません、本当に助かりました、ありがとうございます、と心から礼を言って別れた。ふぅ。

それにしてもランダムに男目当てに駐車場を徘徊する...というのは妙に新鮮な体験だった。
後から思えば笑い話。
[PR]
by uk_alien | 2008-01-11 03:55 | just a diary | Comments(10)

ぐったり

朝起きたら久しぶりの晴れ間。

f0045624_3353464.jpg


本を読みながらカフェラテをすすった後、犬を散歩させ、もういい加減やらなければいけない庭仕事にとりかかった。

庭の物置き小屋をすっかり覆っているジャズミンとクレマチスとハニーサックルとバラ。この春の花はあきらめ、はしごにのってばしばしと剪定。その後、他のクライマーを少し剪定したらもうあっというまに午後の4時。文字通りぐったり。

f0045624_3385260.jpg


Gardener's Worldを読みながらお風呂にゆっくりつかって、しばし休憩。旦那が作る夕飯の匂いに期待を膨らませる。

明日はクリスマス明けのセールでやっと購入した洗濯機と冷蔵庫がやってくる。
うう、それにしても体が痛い...。
[PR]
by uk_alien | 2008-01-07 03:39 | just a diary | Comments(6)

いつもぎりぎり

イギリス生活にも大分慣れてきたけれど、クリスマスはどうでもよく、12月31日に出勤という事実が悲しく、1月2日から出勤というのもいまだ理不尽に感じるところがしっかり日本文化の人な私。

まずい、カード書かなきゃ。
[PR]
by uk_alien | 2007-12-14 01:44 | just a diary | Comments(4)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧