カテゴリ:work( 28 )

外の国から来た私

私は職場で泣く女が嫌いだ。職場で泣く男を見たことがないし、男だろうと女だろうと、プロフェッショナルじゃない。泣くほどつらいなら家で泣け、と思うほうだ。

しかしながら。今日はじめて職場で泣いてしまった。

横柄な感じの典型的非都市居住者型白人初老男性の電話をとり、最後に彼の名前の綴りを確認するのに「XXXXと綴ればよろしいでしょうか?」ときいたら、「Great Britain以外の国から来た連中は皆そう綴るけど、僕の名前は大抵のイギリス人が正しく綴るように、X○XXだ」という反応が返ってきた。「おお、声に出して言うかいそういうことを」と驚きつつ私のファーストネームを丁寧に綴って伝える。それを煙たげにメモるこの男に「担当に折り返し電話させます」と告げ、電話を切った。

黙っていようと思ったが、あまり内に閉じ込めるのもよくないと思い、返ってきた担当の同僚に何が起こったかを笑いながら伝えているうちに、自分がどんなに嫌な思いをしているかが浮き彫りになってきた。

「おお、これはいかん」とさり気なく化粧室に立ったが、デスクに戻ると同僚が「この男、あたなにすこぶる嫌な思いをさせたんじゃない?」とはっきり切り出してきた。周りの人たちもいることだし、何か差し障りのない答えをして穏便に仕事に戻ろう…と思ったのだが言葉が出てこず、その代わりどっと涙がこぼれ出てしまった。

普段はこんなことはさらっと交わすことが出来る。でも、今はとてもじゃないけどそういう体調/精神状態じゃない。12月以降ものすごく忙しく、しかもシニアのスタッフが長期休暇と産休で二名欠けたためトレーニングを受けていない仕事や難しい計算がどんどん回ってきていた。間違えないように、それでも全速力で何とか締め切りを守っている毎日だった。

普段は典型的なEssexガールの同僚がホールに一緒に出てきてくれて私の気を静めてくれた。表に出て少し散歩をし、新鮮な冷たい空気を吸ってデスクにもどると、上司が「例の男に折り返し電話をして君に対する彼の発言は容認できないことを明確に指摘したからね」という。彼は電話上で繰り返し謝罪したそうだ。

おそらく彼にしてみればさらっと口から出た何の意味もないことだったのだろう。今頃、「まったく近頃はPCのおかげで何もいえやしない」と舌打ちしているのかもしれない。

私は彼の個人的な立場(外人や非伝統的文化に抑圧されるネイティブイギリス人という立場)には心から同情する。しかし、ブロック塀に熟れたトマトを無造作に投げつけるような思いやりのない発言で他人を傷つけような人間はPCにさるぐつわされて黙ってもらっていた方がよほど世の中のためになると私は思うし、逆にもしかしたら、外人の私が彼の発言をどう受けとったのかを第三者を通して冷静にきいたことで彼のframe of reference - 関係枠が少し変わるのかもしれない。

職場で私の一番insecureな弱みをさらけ出してしまった。ちっ。

帰る前にチームに、「少し気詰まりな思いをさせてしまってごめんなさい。チームの皆の心遣いと親切に感謝します。よい週末を」とメールをうつと、同僚のEssex Girlが「Oh, uk_alien! Go home, get a nice bottle of wine!」と声を上げる。抗生剤飲んでるからアルコールは飲みたいけど今飲めないんだというと、即座に「Get LOTS OF chocolates」との返答。

アドバイスは即座に実行された。
[PR]
by uk_alien | 2011-01-29 06:05 | work | Comments(5)

Pub after pub...

サマーイベントにお別れ会、歓迎会に試験合格祝いの飲み会、金曜だからガールズナイト....。

さりげなくNoというのにもついに限界がきてしまった。

新しくジョインしたチームのチームビルディングを優先するか、unsociableのレッテルを恐れずに自分のライフスタイルを優先するか。

過労気味という状況も手伝って真剣に自分のpriorityがどこにあるのかをしっかり見極めるてみる。

決めた。ランチタイムのパブは出来る限り、一切合財をなげうって参加することに。他の女の子たちがコーラやオレンジジュースをチャーミングにすする中しっかり自分だけエールをパイントで飲み干す。げふっ。でも夜のイベントはしっかり断ることにした。

私は犬を飼っているんです。
そしてその責任をとても真剣に負っているんです。
[PR]
by uk_alien | 2010-07-10 04:33 | work | Comments(2)

ばいばい

こんなハッピーな気持ちでオフィスを去れるのは初めてだ。

勿論、今まで一緒に働いた同僚達、特に近しかった人たちと別れるのはとてもつらく、帰ってくる車の中で涙が沢山こぼれた。それでも寂しさや過去を切り捨てるような気持ちや新しい仕事への不安でいっぱいになってしまうのではなく、やさしく送り出してくれた皆へのありがたい感謝の気持ちと、新しい仕事への期待で心がいっぱいになっている、そのこと自体が私をとても幸せな気分にしてくれる。昔と比べ、今の自分自身や状況に満足できるようになったからだろうか、と思う。

私は英語が上手く話せません。
私は英語がよく聞き取れません。
私は英語を間違いなく適切に素早く書くことができません。
私は英語を早く読めないし、理解できないことがあります。

まだまだそんな感じ。

でも、頭と心と生活がだんだん近づいてきた気がする。

PS - オフィス最後の日に備えて昨日の午後からケーキを焼き始め今朝は寿司作り。結局、Lemon drizzle cakeとBanana cakeとシフォンケーキ&チョコレートソースと巻き寿司を持っていったのだけれど巻き寿司が一番人気だった。やっぱりsushi made by the Japaneseというプレミアムかもしれない。次いでシフォンケーキ&チョコレートソース。これはレシピを訪ねる人も多くしごく好評だった。
[PR]
by uk_alien | 2010-05-29 00:34 | work | Comments(0)

お国料理


(↑Penbrokeshire Coast National Park)

これまでのオフィスでの勤務は今週が最後。金曜にはケーキを焼いて持ってくるね、と言ったら会計のお姉さん(弟さんが長く日本に在住している)が、

「甘いものは食べれないから寿司、寿司にして!」

という。
じゃあ巻き寿司でも作って...なんて思ったはいいけど、もう長いこと作ってないから急に自信がなくなった。どうやったらスノコでうまく巻けるんだっけなぁ。
[PR]
by uk_alien | 2010-05-27 00:00 | work | Comments(0)

ガンバリマス

一ヶ月くらい前に社内の新しいポジションに応募したのだが、その後まったく音沙汰なしだったのでほぼあきらめていたところ、今日ボスから私で決定したという知らせを受けた。

私の今のポジションの後任の問題や、次のポジションでの勤務時間などの話し合いもまだ残っており、いつ移動するかはまだわからないのだが、とりあえず今日は初投票と新しい職務決定ということでお祝い。

うれしい。
[PR]
by uk_alien | 2010-05-06 23:37 | work | Comments(3)

外人の性

社内で空きのあったポジションに応募しているのだが、他にも幾人かの応募があったらしい。

と、私のボスが電話口で彼女のボス(空きのあるポジションのボスになる)と話をしているのが聞こえた。大ボスにとっては私の英語が母国語レベルじゃないことが少しひっかかっているようだ。

どんなに努力しても乗り越えられない壁というものはある。
なんだかものすごく落ち込んでしまった。
[PR]
by uk_alien | 2010-04-17 00:01 | work | Comments(2)

春は移動の季節



通勤の都合上、ロンドンオフィスに移りたいとなんとなく思っていた。と、ちょうどよい空きが出たのでボスの了解を得てからHRの担当者と話をしてみる。インターナルの移動でも正式にCVを送るようになるそうだ。

今のボスは本当に良いボスなので彼女の元を去るのは非常に心苦しい。それを考えるととても悲しくなってしまった。

ま、労働時間や給料の条件が合わない可能性もあり、今の場所にとどまる可能性もあるわけだから、悲しくなるのはちょっと待つことにしよう。

今まで働いてきた数々の職場で「馴染んだ場所にとどまりたい」と思ったのは初めてだ。

年とったかな?
[PR]
by uk_alien | 2010-04-14 03:28 | work | Comments(2)

私はネイティブスピーカー



私は人間関係においてはすこぶる注意深さで対応するタイプ。英人は一般に'reserved'と言われており、英語ではkeep (someone) at arm's length(ある程度距離をおく)という表現があるのだが、私は大抵の場合はその距離を二乗にしたくらいの距離感で対応し、人を利用するような輩でない誠実な人に対してはやっとその平方根レベルで対応する、という感じだろうか。別段に常にむっつりしているわけではないけれど。

で、先日その平方根レベルで対応している同僚が「実は私、この二年間くらいon/offで日本語を勉強してるんだよね、今まで言わなかったけど」という。驚きもものき。私の勤めるオフィスはロンドンオフィスと違い、典型的なSurrey白人文化にどっぷりつかったオフィスなので、まずそういう輩は存在しないと思っていたからだ。

しかしながら、確かに「いつかは料理をキャリア」にと情熱を燃やすクリエイティブタイプな彼女は金融関係のこの会社の中では明らかに毛色が違っている。You're in the wrong jobという典型的なタイプ。

「いっとくけど、コンピューター上でのレッスンだからぜんぜんしゃべれないんだよ。でも色の名前や、なんだか全然関連のないものの単語とか言えるんだ」

「じゃあ言ってみてよ。この色は?これは日本語でなんというの?」ときくと、驚くほど上手な発音で答えてくれる。「一体なんでそんなに覚えているの?」ときくと、「私の記憶はphotographic memoryなんだ、だからそのままそっくり覚えることができるの」

やなやつ!

Don't hate me!とすがる彼女は、声を出して例文を考える私の日本語の発音を聞いて感動する。「OH, WOW! You soud exactly like the software!」

そうか。当たり前だよな。母国語なんだから。

なんだかものすごく偉い気分になり気をよくした私は、センテンスをまったく勉強したことがない彼女に宿題を課した。「Tokyo DinerでSalmon Domburiとa flask of hot sakeを注文する」というもの。暗記する例文を渡そうと思ったが、こういうself-motivated learnerというのは自分で探し出してtrial & falureで積み重ねていくのがいいような気がしたのでやめた。Googleして見つけてくるだろう。

楽しみ、楽しみ。

ある特定の文化人口を正規分布にのっけたら、必ずその端っこ数%に落ちる人たちがいる。そういう人たちはいろいろな意味でその文化への所属度が低く、異文化や外国に強い興味を持っていたり、実際に母国(母国文化)外に移住したり、パートナーや結婚相手が外国人であったりする可能性が高い、というわけ。

彼女と話をしているとこの正規分布の端っこ3%に斜線が引かれた図がいつも思い浮かぶ。
[PR]
by uk_alien | 2009-12-05 05:00 | work | Comments(3)

ビスケットをどうぞ




今日職場で、ホリデーから帰ったITマンから「日本からのお土産のビスケットをキッチンにおいておきます」とメールが回ってきた。

へー、日本に行ってきたんだ。めずらしい。

一瞬ホームシック(というかホームフードシック)に苛まれた後、ふと、「え?日本って今梅雨じゃないの?」と疑った。一年で一番むさくるしい時期を過ごしにわざわざ地球の反対側まで行ってきたのかいな、物好きな。


そう思って興味半分にキッチンをのぞくと、ポッシュな缶に入ったせんべいの山。

これをビスケットと思ったくらいにずれているなら、日本で一体何を食べて過ごしたんだろう。

やっぱしビッグマックかな。
[PR]
by uk_alien | 2009-06-23 01:37 | work | Comments(1)

うぇるかむばっく

私のオフィスはロンドンオフィスと比べるとシニアレベルで産休をとる女性が格段多い。

彼らは出産後にフルタイム勤務を希望することはまずなく、週2日の希望を出して会社にNoといわれ、結局パートタイム契約の最低出勤日数であるところの週3日で働いている。

そうして産休から帰ってくる人たちに対し、企業は産休前と全く同じポジションを用意する義務はない。法律上の義務は同じレベルで迎え入れるということ、なのだそうだ。それでも、就労日数がフルタイムから週3日にかわり、生活のプライオリティーが大きく変化した彼らを「同じレベルで」迎え入れるポジションを用意するのは会社にとっては容易ではなさそうである。また、用意したポジションに満足してもらえない場合も少なくはないようだ。

最近産休から帰ってきた女性は復帰後与えられたポジションにたいそう不満な様子である。で、更にこの彼女のチームに来週から別のシニアレベルの女性が産休後復帰しジョインする。うわさによると、この彼女も新しく用意されたポジションに不満らしい。とても偉いレベルの人がわざわざロンドンから電話をかけて説得したそうだ。「この任務をこなせるのは君しかいない!」

腫れ物扱い。ま、性質の悪い腫れ物なんだけど、その人は。

さてある日、この新しく帰ってくる腫れ物さんのデスクを用意するのをすっかり忘れていた段取りの悪いアドミンのトップがわたわたとやってきた。「こ、ここのデスクアレンジメントなんだけれど、ど、どう思う?」おいおい、どもっているよ、この人。

なんだか彼女が気の毒になり、また、以前から私はデスクを二つ使うことに疑問を感じていたので、「引き出しのユニットを増やしてもらう代わりに二つのデスクのうちの一つを明け渡してもいい」と提案した。

問題解決!と彼女は大喜び。しかしどうやらこのデスク移動を機に他の連中がさりげなく漁夫の利を狙いはじめ、ホリデーあけでメールを見てみると、私が使用している機器やらなにやらにつばをつけられた形跡が。犯人は近くに座るこれまた産休明けのチームリーダーとその同僚。

むかっ。

人がよすぎるとピラニアのごとく食いついてくる連中ってのがいるもの。でも私はこういう微妙な(そして甚だばかげた)オフィスのパワーゲームが得意ではない。で、蛇の道は蛇。秘書業務とは別にオフィスサービスも仕切るお局様にさりげなくメールを送った。「引き出しのユニットはスペース確保のため最低限必要なので必ず用意をお願いします」

翌日出勤したお局様がのしのしとやってきて、頼んでいたユニットの確保と、更に別のユニットを付け加えて十分なデスクトップスペースを私のために確保してくれた。「少しでも仕事がしにくかったり、十分なスペースがないと思ったら声高に不平を言わなきゃだめよ。You know what they’re like. This time, they are asking a lot of you.機器のことは何がどう決まったのかさっぱりわからないけど、ITときちんと相談して私が解決するから大丈夫!」と大声で念を押してくれた。

そして本日、お局様からのメールが。
「あなたが現在使っている二つの椅子のうち、キープしたいと思う方を確実にキープしておきなさい。『腫れ物』が帰ってきたときに、それが必ずあなたのデスクにあるように」

皆が使う機器が全て同じで公平というオフィスもあると思うが私のオフィスはそうではない。椅子、コンピューター、モニター、etc...微妙な違いがあってそれが何気に嫉妬を買う。お局様のアドバイスにお礼を言い、「I can’t cock my leg to mark it but カーディガンをかけておきます」と返信した。「It may be the best idea indeed」というお返事。

来週から腫れ物さんは私の隣/目の前に座る。もうぜんぜん楽しみじゃない。
[PR]
by uk_alien | 2009-03-05 03:04 | work | Comments(2)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧