カテゴリ:Music Theory 音楽理論( 8 )

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード6 短調和音の基礎ブロック

グレード6の音楽理論の勉強に入る前段階として、和音の基礎ブロックを理解する目的で始められたこの和音構成の書き出しタスク。

前回の記事を書いた時は長調に関して取り組んでいるところだった。今は短調に関して同じタスク↓に取り組んでいるところ。(例はC#マイナーだが全てのキーに関して行う)



f0045624_19061495.jpg

ポイントはtonalityに関してharmonicとmelodic minorでどのdegreeがどのように同じでどのdegreeがどのように異なるのかを理解すること。

手順
1) Natural Minorで全てのdegreeに関してtriad root positionを構成する。Key signatureが影響している音は色分けして判りやすくする
2) それぞれのdegreeに関してtonalityを書き出す
ローマ数字の大文字:major(M), augmented(aug)
ローマ数字の小文字:minor(m), diminished(dim)
ちなみにコードのtonality(調性)を知るには:
  • triadの5thをチェック。もしperfect 5thなら3rdのtonalityで決まる。3rdがmajorならmajor、minorならminor。
  • triadの5thがperfect 5thでなく、augmentedならtonalityはaugmentedで通常3rdはmajor。Triadの5thがdiminishedならtonalityはdiminishedで3rdは通常minor。
3) 同じ要領でharmonic minor、melodicを書いていく。(私は上に書かれたもの同じものに関しては単に縦線を弾いている。)
4) 次にharmonic、melodic minorに関してtonalityが同じものを四角で括る。
5) 最後にroot, 1st, 2nd inversionsを1st degreeから7th degreeまで書き出す。

地道な作業。とりあえずシャープは終わったので今日からフラットに手をつける予定。

このタスク、復習も兼ねて意外と役立っている。特にこれまでは特定の音のシャープとフラットに関しては演奏のフレームの中で「ここは黒鍵」というトポロジー的な把握にしか留められていなかったのが、ほんの少しずつ調や音階と関連して意識出来るようになってきた(ような気がする)。

[PR]
by uk_alien | 2018-10-02 20:21 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード6 初めの一歩

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード6のシラバスは下記の通り。(日本語は公益財団法人かけはし芸術文化振興財団より抜粋、英語はABRSMより抜粋)

グレード5までの内容に加えて、和声の範囲が次のようになります。長調、短調(和声的、旋律的)の音階におけるすべての和音の基本形、第一転回形、第二転回形の用法。属七の和音の基本形、第一転回形、第二転回形、第三転回形、および長調、短調における二度上の七和音の基本形、第一転回形の認識。また、これらの和音すべてを含む数字付き低音の和声実習。転調の原則や終止形、および装飾音や非和声音(経過音、補助音、倚音、逸音、先取音などを含む)などの知識が問われます。
  1. 4声体の混声4部合唱のスコア、またはピアノ譜(大譜表)による4小節程度のバス課題(受検者が選択)。
  2. 全ての調における8小節の全音階的旋律の和声付け。音符による和声の記譜、または数字付きバスの記入(受検者が選択)。
  3. 指定された楽器(選択肢あり)での旋律の創作課題。冒頭部分に続け、属調、下属調、平行調への転調を含む。
  4. ピアノ、混声4部合唱、またはさまざまな合奏曲(声楽も含む)のスコア・リーディングとそれらに関する知識について。スコア上における装飾音の奏法や和声の判別、楽曲構成、様式、演奏に関する諸問題を含む。

As in preceding grades. The harmonic vocabulary expected will include: the use of 53, 63 and 64 chords on any degree of the major or minor (harmonic and melodic) scale; the recognition of the dominant seventh chord in root position, first, second and third inversions, and the supertonic seventh chord in root position and first inversion, in any major or minor key; and the figuring for all these chords. An understanding of the principles of modulation and a knowledge of cadences, ornamentation and melodic decoration (which might include passing notes, auxiliary notes, appoggiaturas, changing notes and notes of anticipation) will also be expected. Questions will cover:
  1. Writing specified chords for voices in four parts or for keyboard (at the candidate’s choice) above a given bass part of about four bars.
  2. The indication of suitable chords for the accompaniment of a diatonic melody of about eight bars in any key, using any recognized method of notation, or, at the candidate’s choice, the provision of a bass to a given melody, adding figures to indicate the intended harmonies.
  3. Composition of a melody for a specified instrument (a choice will be given), using a given opening. Modulation to the dominant, subdominant, relative major or relative minor may be required.
  4. Questions on short extracts of music written for piano or in open score for voices or for any combination of instruments and/or voices, designed to test the candidate’s knowledge of the elements and notation of music, including the realization of ornaments, the identification and notation of underlying harmonic structure, phrase structure, style, performance, and on the voices and instruments for which the works were written.

なんか読んでいるだけでくらっとくる。

なんの、なんの。千里の道も一歩から。

ABRSMの薄い教本Music Theory in Practiceをレッスンで使用することに決め、その前段階としてシラバスの冒頭で述べられている「長調、短調(和声的、旋律的)の音階におけるすべての和音の基本形、第一転回形、第二転回形/the use of 53, 63 and 64 chords on any degree of the major or minor (harmonic and melodic) scale」の部分を先に一通りざっと学んで後々の混乱を防ごう、ということになった。

宿題:まずは長調から。それぞれのキーの音階をtriad root positionで書き出し、全てのdegreeに関してroot、1st inversion、2nd inversionを書き出すこと。さしあたってC Major(↓)。


f0045624_05311145.jpg
(↑6度viと7度vii のローマ数字が間違ってる...)

ちなみにコードのtonality(調性)を知るには、
  1. triadの5thをチェック。もしperfect 5thなら3rdのtonalityで決まる。3rdがメジャーならメジャー、マイナーならマイナー。(3rdが表現されてなければsuspended chord。これはグレード6の範囲外)
  2. perfect 5thでなければ、[augmented→通常major 3rd]、[diminished→通常minor 3rd]。例外有り。

これからちまちまとcircle of 5thに添ってこの作業を繰り返す予定。

(こんな古めかしいコード表現を使用することはめったにない、というのはその通りらしい。ま、知っていて役に立つことと、試験シラバスになっているということで私はひたすら学習に励むことにしている。)

[PR]
by uk_alien | 2018-09-20 06:02 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード6 始めます

f0045624_20012663.jpeg

本日注文しておいた本が届き、私の音楽理論の勉強からの短いブレイクは終了した。

グレード6からはかなり内容も複雑になって難しくなるとどこかに書いてあった。ちらりと見てみると説明文がいっぱい。

うーん、今日は考えない。(逃げてる、逃げてる)

[PR]
by uk_alien | 2018-08-30 20:07 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5 試験結果

二週間の休暇を終え久しぶりにレッスンに出向くと、6月に受けた音楽理論の試験結果が出ていた。

合格。With distinction。98%。どこを間違えたんだろう?という疑問がふと頭をかすめるが、とりあえずはお祝い。わーい。

f0045624_22500501.jpg


これから先生の休暇のため一ヶ月のお休みになる。でも宿題で新しい曲の課題をもらったからしっかり練習しないと。

今年の夏は高温・晴天が続き、虫の数が例年に比べとても多く、庭に植えてあるイングリッシュラベンダーには驚くほど沢山の熊蜂たちが集まり毎日忙しなく蜜を収穫している。きっと近くに巢があるのだろうな。

早朝から日暮れまで不断に鳴り続ける彼らの勤勉な羽音が見かけの可愛らしさと合間って私たちの夏の生活風景の一部になっている。

[PR]
by uk_alien | 2018-07-19 00:07 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5 試験終了!

6月16日の土曜日はABRSMの音楽理論5級の試験だった。

最寄りの試験センターは地元の中学校。早めに出向いて受付を済ませ、待合室のライブラリーで待つ。小さな子からローティーンまで21世紀をしっかり生き抜く世代に混じってぽっちり鎮座する中年のオリエンタルな私。偉いもんですこの歳で、と自分を褒める。

と、彼らのお母さんくらいの年齢の女性が「あなたも理論の5級を受けるの?」と話しかけてきた。お嬢さんがピアノを習い始めたのをきっかけに彼女も習い始めて、次回受験予定の実技6級に必須な理論5級を受けにきたのだそうだ。

「すごいですね、実技の試験なんて想像できませんよ」という私に彼女は「あれほど神経にこたえる試験は滅多にないわよ」と断言。「舞い上がって鍵盤上の手の震えが止まらなくなるの」

しえー。想像に難くない。偉いなあ、本当に。

グレードに関わらず理論を受ける全員が同じ講堂に案内され、グレード別に席に着く。グレード5の試験は2時間。早々に試験を終え子供達が徐々に席を立っていく。私は予想通り見直しも含めて1時間半で終えるタイミング。それ以上は集中力がなくなるので潔く諦めて席を立つ。

試験の内容はウェブサイトに掲載されている模擬試験のフォーマット通り。今年から作曲問題がなくなり、パフォーマンスダイレクションも選択肢の中から答えを選ぶフォーマットに変わったので容易だ。知っていなければならないことを勉強して、見直して、transpositionintervalの問題を解く手順をマスターしていれば難しい試験ではない。

ただ、「変化球」というか「意地が悪い」というか、F majorのスコアに関する問題で暫しF majorに基づいて質問に答えていたのに、突然最後の質問で「このスコアでD majorleading noteに該当する音符を丸で囲め」と聞いてきた。この「D majorの」という部分を見落とした子供は何パーセントくらいだろうと暫し訝しむ。

あと、4分の4拍子のスコアの一部をcompoundに書き換える問題で、8分の12拍子にしてからふと最後に「♫→?」と一拍おいて考えさせられた。dupletじゃん、と思ったがこの表記に戸惑う。ビームの下に2と書くのが正しいんだよな、でも下向きのステムでビームが五線譜に重なって見えにくいからこの場合はヘッド上にカッコして2と書く方がいいに違いない」と結論した。あとになって本で見直して「しまった、単にビームの下に2と書けばよかったんだ」と後悔。

そんなこんなでまずは終了。結果は一ヶ月後くらいに出るらしい。

暫くは理論の勉強もお休み。来月からピアノの先生が長い夏休みをとるので8月末から6級の勉強をゆっくり始める予定。

なっ、なっ、夏休み〜ぃっ🎶

[PR]
by uk_alien | 2018-06-22 00:10 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

楽語を覚える - ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5

や、落語じゃなく...(笑)。

音楽理論の試験まではまだ時間があると高を括っていたらあっという間に月日は過ぎ、真剣に試験勉強しなければならない状況になってきた。ラッキーなのは今年からの変更で8小節のメロディーの作曲問題がなくなってくれたこと。苦手で気が重かったのでほっとしている。

ABRSMのサイトでは変更後の問題サンプルと模範解答がダウンロード出来るようになっている。
また、同じABRSMのサイトでグレードごとの楽語のクイズも用意されているので興味のある方はチャレンジされてみては?

f0045624_02585826.jpg

この薄い本(↑)を先生と一緒に勉強した後、Music theory Practice Papers 2017(↓)を買って、模擬試験問題を解いてみた。

f0045624_03011715.jpg

ちなみにこれらは模範解答ブックを別購入しなければならないので注意が必要。答えくらい最後につけてくれればいいのに。

時間配分は問題なさそうなのだが、問題をいくつか解いてみた結果、手を抜いていた分野が露わになってきた。楽器に関する一般知識と楽語(Performance Directions)。まずい。

f0045624_03054157.jpg

楽器に関しては青い教本(↑)をしっかり読めばなんとかなりそうだけど、楽語はGrade 1から5までを一気に覚えることになるのでちょっと気を入れないといけない。なんとなく親近感があるイタリア語はともかくドイツ語とフランス語は真剣に暗記しなければ。中学、高校時代の英語の期末試験勉強を思い出す。

先生も心配して、「まずはテンポの速い遅い、ムードが明るい暗いという2つの軸で形容表現をマッピングしてはどうか。同じ意味の言葉は三言語で纏め、文法用語は別に括るようにして」と提案してくれた。子供っぽい感があるかもしれないが、期末試験で徹夜した時代から数十年が経過した昨今、覚えられるならなんでもやるという姿勢に徹している。

で、とりあえずStendigの大きなカレンダーの裏に作成したのがこの楽語マップだ。

f0045624_03104375.jpg

結構笑える。

勝手にGroup "Sad"(mesto, traurig, piangevole etc.)、Group "Noble"(nobilmente, maestoso, grazioso)、Group "Dying Away"(smorzando, perdendosi, calando etc.)等々と括り、色分けはされているが三言語は一緒くたになっている。次のステップとして「変化を表す単語」、例えば「だんだん遅くする」という単語を「遅い」という単語と区別出来るようにマーキングして、そのあとはグループごとにまとめて覚え、最後にシャッフルされたフラッシュカードでテストするというのを繰り返せばなんとかなると思っている。

文法用語の方(↓)はもう少しグループ分けが必要。これからテンポ、構成、度合い、アーティキュレーション等のグループに分けていく予定だ。

f0045624_03285696.jpg

試験は6月16日。当日は問題をしっかり読んで勘違いや思い込みを避けようと思う。

[PR]
by uk_alien | 2018-04-26 04:30 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

Circle of Fifth(5度圏)の不思議と調号⇄キーの割り出し方

なんだか耳にして、何となくわかんないままとりあえず頭の中に保留にしておくものってあると思う。で、放っておく時間が長くなればなるほどその言葉自体に何となくミステリアスな響きが帯びてくるような。

最近で言えばこのCircle of Fifth(5度圏)がそう。レッスンでもあまり触れなかったから余計にこの図が何だか分からない。小学校に入学して給食当番表の意味が全く分からなくて密かに苦しんだ暗い過去が蘇る。

そういえばどこかでバッハのWell Tempered Clavier(←いろんな意味ですごいものらしい)についての話を聞いた時に、余談でピタゴラスによる弦の長さとピッチに関する発見と、その後に調整され使用されるようになった調律法と、さらにそれを調整した調律法について云々いってたな。ぐるっと回って戻ってくるという。この図はそれに関係があるに違いない。

とりあえず私が今知りたいことはMajor・Minorの各キー、Key Signature(調号)上のフラットとシャープの数、Relative Key(平行調)について。そしてもしこの不思議な図がこれらに関して何かを分かりやすく表しているのであればそれは何かということ。

そこで先日、このCircle of Fifthの図をこれまでの自分の知識で理解してみようという気になった。

f0045624_22291822.jpg


  1. Cから時計回りに行けば#のMajor Scaleで、#が一個ずつ増えていくんだよな。これはわかる。でもC# Majorの後はどう理解すればいいんだろう?
  2. Cから反時計回りに行けばbのMajor Scaleで、bが一個ずつ増えていくんだよな。これもわかる。でもCb Majorの後はどう理解すればいいんだろう?
  3. 待てよ、これまでMajorばっかりで考えていたけど、Minorはどうなるんだ?あ、Aから始めればいいんだ。Majorと同じように時計回りで#の数が、反時計回りでbの数が増えていく。でも#やbの数が8個以上になったらどう理解するんだろう?
  4. 大体5thって言ったって、C→G→D→A→E→Bとこれまではわかるけど(白い鍵盤上で5番目のキー)、何でBの次がF#なんだ?...そう言えばピタゴラスの話を聞いた時に「Perfect 5thで動いて行けば」って言ってたっけ。そうか、5thってPerfect 5th (3.5 tones)のことか。納得。
  5. C MajorとA MinorがRelativeなら他のキーの関係も図の上で同じかも知れない。同じだ。C→Aと同じ角度で時計回りで見てみればG Major - E Minor等、反時計回りではF Major - D Minor等とRelative Keyを示している。 このMajorとMinorの「Relative」の間隔はC→Aと同じで決まって1.5 tones。先生が時々口に出していたけれど、今まで何を言っているのかさっぱり分からなかった 笑。

と、ここまでを図の上半分で考察。

次のレッスンで先生に確認してみると、「その通り。でも今の段階ではMajor(Cから)とMinor(Aから)の二つの図に分けて、更に”サークル”ではなく7つ目の#で終わる円弧と7つ目のbで終わる円弧が最後の3つのEnharmonic Key(異名同音)で重なるように書いて考えた方がシンプルでわかりやすいと思う。8つ以上の#やbのキーは理論上のキーで意味がないから」とのこと。そして下半分の図を書いてくれた。ふむ。1と2の疑問点が晴れる→今は考えなくていい。(笑)

更にKey Signature(#・bの数)⇄キーの名前の関係を考えるときはこの図から割り出すのではなく、既に教えた下記のルールの方が断然早いから今まで通りそちらを使うようにとのお達し。

① シャープ#
<Major> Last# + 0.5 tone = Name of Key(Key Signatureの最後のシャープから半音上がったところがキーの名前)
<Minor> Last# - 1.0 tone = Name of Key(Key Signatureの最後のシャープから全音下がったところがキーの名前)

② フラットb
<Major> The second last b is the name of the key(Key Signatureの最後から2番目のフラットがキーの名前)
※ フラットが一つだったらどうするんだ?一つならF Majaor。心配しなくてもそのうち自然に覚えるから安心しましょう。(と私は先生に言われた)
<Minor> Last b + 3 = Name of Key(Key Signatureの最後のフラットのアルファベットからそのアルファベットを含めて3つ目のアルファベットがキーの名前。ただし、そのアルファベットが既にKey Signatureに含まれていればフラットをつける)
f0045624_02315502.png

言葉にするとちょっと複雑なのでフラットの例をあげてみる。上図の5つのフラットがついてるKey Signatureの名前を考えてみよう。Majorであれば右から2つ目のフラットはDbだからDb Major、Minorであれば一番右のフラットがGbだからG→A→Bで、「B」は既にKey Signatureの中に含まれていてフラットがついているからBb Minorとなる。

また、Majorキーをまず割り出し、それから1.5 tones下げることでRelative KeyのMinorがわかるという手もある。
Db - 1.5 tones= Bb

キーの名前からKey Signatureを割り出す時には全てを反対に考えればいい。例えばBbマイナーのKey Signatureを知りたかったら、
Last b + 3 = Name of Keyだから、反対に考えてName of Key - 3 = Last b
B(実際はBフラット、でもこの②フラット<Minor>の割り出し計算に限っては関係ないので無視) - 3 = B→A→G = Gbが最後のフラットなのでBEADGがKey Signature。

数学の公式のようにここまではっきりしてるのに、音楽理論の練習問題を解いていて「なんでここで間違えるかなぁ」というところでミスる。何回か失敗をしてみてやはり一番確実なのは電車のホームの指さし確認のように、公式をその度に書き出し、一つ一つ当てはめてしっかり答えを出すことだと察した。ささっと頭で考えると何回かに一回は必ずミスる。


f0045624_03274055.jpg

ちなみにシャープがつく順番は私はFather Charles Goes Down And Ends the Battle(FCGDAEB)と覚えており、フラットがつく順番はその反対(BEADGCF)と覚えている。問題を解いているときはこれもちゃんと書き出して置くと後で答えを再チェックする時に役に立つ。

[PR]
by uk_alien | 2018-03-13 07:38 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5

「ABRSM(英国王立音楽検定、と日本語にすると凄い響き)の音楽理論は勉強するとためになる」とピアノの先生に勧められ、グレード2から4までのエキササイズブックを終わらせた。(何も覚えていないような気がする 涙)

ちなみに、ご興味のある方は→ABRSM(The Associated board of the Royal schools of Music)の英国サイトへどうぞ。
日本では公益財団法人かけはし芸術文化振興財団が日本代表事務局として試験を運営しているのだそうだ

「グレード5はとっておくと便利だから受験を考えてみるといい」と言われながら薄いグレード5のエキササイズブックを勉強し、先日終了。「便利」というのはピアノの実技試験で6〜8級(!)を受けたい場合の必要条件になるという意味で、私がこれらの実技試験を受けたいか、もとい生存中に受けられるレベルに達するかどうかというは全く別問題である。

ピアノを楽しんで学び、好きな音楽を異なる角度から理解するのに役立つことを考えると音楽理論の勉強は苦にならない。外国語の勉強とよく似ているような気がする。ただ漠然と不思議な外国語が単語や文法を勉強することで自分のものになっていく、そんな感じだ。

でもなんでもそうだけど「試験」となるととても緊張する。

最後「試験」を受けたのはいつだったろう。げ、7年前のこの職務資格試験だ。それを考えると衰えた脳細胞に鞭打って勉強するのはボケ防止でいいかもしれない。そろばん検定と同じで失敗したら何度でも受ければいいんだし(ちなみにそろばんは11級でやめている 笑)。

「11月の試験に向けてコツコツ復習、勉強してみるつもりです」と伝えると私のピアノの先生は「November!」と声を上げ「I don't want to PUSH you AT ALL, BUT(おー、きたきた 汗)その頃にはもうグレード6の勉強とかしてると考えていました!申し込みの5月まではまだ日があるからそれまで勉強してどんな感じか見てみましょう。準備が出来てない人を試験に送り込むようなことはしないから」ときっぱり。

と、いうわけで5月の申し込みに向かってグレード5の勉強に励むことになった私である。

[PR]
by uk_alien | 2018-02-26 08:28 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧