カテゴリ:Audio ピアノプチ練習( 12 )

プチ練習No.12 Yugoslav Folk Song

プチ練習No.12はYugoslav Folk Song、ユーゴスラビアフォークソング。

前回と同じく16分音符を弾こう、というのがテーマの8小節の短い曲。簡単な左手の伴奏が加わっている。






f0045624_00255700.png


異国情緒あふれる楽しいメロディー。

[PR]
by uk_alien | 2018-10-14 00:28 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.11 On the Lawn

プチ練習No.11は16分音符が導入されるOn the Lawn。

パーカッシブになりすぎないように弾くマーカートやスタカート、レガートなどのアーティキュレーションに気をつけながら両手でメロディーを弾きましょう、というもの。





f0045624_05462326.png
タイトルのOn the Lawn「芝生の上で」から想像すると私は天気の良い庭で忙しく食べ物を探している鳥たちを思い浮かべるからどちらかというと長調の曲の印象を受けるのだけれど、そこはロシア、Dマイナー 笑。

人馴れしない割には我が家の庭に来て孤独に芝生を突きまくってるグリーンウッドペッカーを思い起こさせる。

[PR]
by uk_alien | 2018-10-09 06:06 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.10 The Folk Song

プチ練習No.10はThe Folk Song。同じタイトルだけどNo.5とは違うフォークソングの初心者用アレンジ。


f0045624_20322950.png

ポイントはアナクルーシスと、両手で異なるアーティキュレーションを弾くこと、そして休符をしっかり休むこと。溌剌と元気よく弾く。

「え、これで終わっちゃうの?」という15秒。

(あ、Bar 7の左手、間違えてた)

[PR]
by uk_alien | 2018-10-04 20:42 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.9 Our Land

プチ練習No.9はOur Land。

ポイントは長めのアナクルーシスと両手でシームレスに弾く歌声のようなメロディ。

ちょっと長めだけと簡単だろう、と思ったのが大間違い。


f0045624_22254995.png

ゆっくりサブディヴィジョンを数えながら練習して、これで大丈夫と思って録音したらBar8、16、24でビートから全部外れた。直前のBarからタイで結ばれている8分音符を弾き、続く8分休符を休んでタイミングよくアナクルーシスを入れるのがとても難しい。

うーん。

サブディヴィジョンのカウンティングを諦めて、フレージングもダイナミクスも忘れてパルスに集中することにした。ヴィエニーズのワルツを頭に浮かべる。ぶんちゃっちゃ、ぶんちゃっちゃ。

そして再び録音。



24小節目のリズム(だけ)は合った...。

[PR]
by uk_alien | 2018-09-20 22:42 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.8 Piece

プチ練習No.8はPiece。11秒のショート&スウィート。





f0045624_22193238.png

いつもながら録音して後から聞くと詳細への気配りの甘さが浮き彫りに....。

[PR]
by uk_alien | 2018-09-14 17:30 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習 No.7 My Little Cow

プチ練習No.7はMy Little Cow。

両手を使ってシームレスにメロディーを奏でることと、No.6のWinterと同様、Anacrusis(弱起=第一拍目から始まらないタイプの曲)をしっかりカウントしながら練習しましょうというもの。



f0045624_22462394.jpg


Bar8と11(最初のアナクルーシスはBarとして数えない)のEとCはフレーズマークで区切らず、繋げて一つのフレーズとして弾く。

Aマイナーだからちょっと簡単。

(でも今再び聞いてみたらやっぱり最後の四分音符が長すぎる...。)

[PR]
by uk_alien | 2018-09-08 23:02 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.6 Winter

次のプチ練習課題は前回に比べたら簡単で、Fマイナーのシンプルなメロディを左右の手を使って滑らかに仕上げるもの。Anacrusis(弱起=第一拍目から始まらないタイプの曲)をシンプルに練習してみましょうという目的なのだが、しっかり数えているつもりでもどうしてもペースが狂って最後の二分音符が長くなっちゃう。こういう細かいところ、結構苦手でレッスンではいつも明確に指摘されてしまう。






f0045624_20585124.png


楽譜のタイトルの下には「冬中雪が続きどの道にも雪が吹き寄せられ、ひっそりとした田舎ではうさぎ達が土の下に隠れている」というイメージ書きがある。風情があっていい。





[PR]
by uk_alien | 2018-09-06 21:26 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.5 The Folk Song

次のプチ練習の曲は伴奏が別になっていた。

せっかくだから右手のメロディだけじゃなくて伴奏もダビングして一緒にまとめてみよう、と思ってトライ。

ところがコード演奏部分の右手はメロディよりずっと難しく、また別録音のメロディに合わせて弾くのにとても手こずってしまった。あ、Bar 4で音符の長さ間違えてる 汗。

ちょっと背伸びしすぎ。反省。





f0045624_19373886.png


仕上がりはイマイチ。しゅん。

[PR]
by uk_alien | 2018-09-02 19:40 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.4 The Woodcutter

ピアノプチ練習のNo.4は「The Woodcutter」(木こり)。


f0045624_06063341.png


短調のメロディがロシアっぽくていいなぁ。トルストイの「戦争と平和」をオンオフで読み続けているので(永遠に読み終わらない...今ナポレオンがモスクワを目前にボロジノの戦いで痛手を被ったところ)何気にロシアの森でぽつねんと木を切る農奴を想像させられる。

演奏で気をつけたかった点はBar1&3で繰り返される最初のAをきつく打ちすぎないようにすることと、2番目のAを最初の音より少し弱めに弾いてレガートの印象を強めること。あとは右手(mf)と左手(p)のバランスがちゃんと出ることかな。

でも聞いてみたら繰り返しの音は弱すぎるし、最後のBar6の左右のコーディネーションも思いっきりずれている。しっかりカウントしてないから8分音符のつながり部分が右手も左手も早くなっちゃってる。(「だからいつもいっているでしょう?」という先生の声が頭に響く 汗)

明日もう一度しっかりカウントしながら弾いてみよう。

[PR]
by uk_alien | 2018-08-30 06:04 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

プチ練習No.3 On the Hill

プチ練習シリーズNo.3は「On the Hill」。牧場やバグパイプを思わせる短い12小節のピース。




f0045624_23304755.jpeg

Bar1&2とBar4&5は短いフレーズごとに区切るのではなく、先日の記事で紹介した「バイオリンの弓使いに習ったごく短いギャップをフレーズ間に挿入!」...なーんて思ったんだけど、ダメだ。聞いてみたら全然出来てない 笑。

今日はイギリスはバンクホリデーでお休み。Jane Austenの小説「Emma」の中で主人公が心をときめかせていたBox Hillへ私たちも出向き、7マイルのハイキング。

途中パブでビールを飲んでランチを食べて...歩いて消費した以上にしっかりカロリーを補充してしまった。

ウォルターもしっかり楽しんだ様子で何よりだ。

[PR]
by uk_alien | 2018-08-27 23:46 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧