カテゴリ:Orchids 胡蝶蘭( 2 )

胡蝶蘭の水栽培 - 7週間後

f0045624_21414822.jpeg


胡蝶蘭の水栽培を始めてから6週間が過ぎた。

世話の面倒を減らして手を抜く算段から始めたのだが、実際は(夏中放ったらかしにした罪悪感から)すっかり介護にはまっている。

ネットを調べたりしてこれまでに学んだことは、

  • 長期間培養土で生育された個体は水栽培への適応が難しい
  • その場合数カ月の忍耐が必要
  • 水の量や、水につける日数は個体やその環境により様々で、自分の目で判断し適すると思える処置をすること
  • 腐りやカビを防ぐために根及び個体の中心の円錐形の根元部分は歯ブラシやツイーザーなどを使って清潔に保ち、必要なら過酸化水素水をスプレーすること。
  • 貼り付いていた培養土の残り(コケやココナッツハスクなど)や落ちた葉の根元の部分(繊維質の部分)は放っておくとかびて、それによって新しく生えた根が腐ってしまう
  • 殆ど根無しで脱水状態が続いている私の株達は水につけない乾燥日は1日半が限度。その他の日は水量に気をつけながら肥料を入れた水につける
  • 雨水、除湿機の水はフィルターを通した硬水よりいいかもしれない
  • 肥料は予想以上に必要(水は通常の量の肥料を混ぜる)
  • 直射日光を避けていても晴れの日など室内温度が高いと葉の脱水状態がひどくなる
  • 葉を濡らしてあげるととても喜ぶ(葉元が濡れないように気をつかう)
  • なぜか花の持ちがいい

などなど。

殆ど根がない状態で頑張って生きているのがいじらしい。それでも新しい葉や根もチラホラみられるようになった。


f0045624_21422844.jpeg

f0045624_21430518.jpeg

f0045624_21433097.jpeg


f0045624_21440712.jpeg


f0045624_21445997.jpeg


頑張れー。暑い夏に面倒みてあげなくて、ごめんねー。
[PR]
by uk_alien | 2018-11-04 16:52 | Orchids 胡蝶蘭 | Comments(0)

胡蝶蘭の水栽培

胡蝶蘭の世話は難しくはないけれど、放っておくと根の呼吸を妨げて窒息させてしまうというsnow mould(沢山の小さな白くて丸いカビ)が悩みのタネ。

これまではメイルオーダーで購入する過酸化水素液で根と容器を定期的に消毒、更に新しい植え替え材を使って植え替えてあげることでなんとかしのいできた。

しかし難聴で癲癇持ちの老猫とこれまた難聴で病気持ちの老犬の世話に日々追われている昨今、家の中の植物の世話まではだんだん手が届かなくなってきた。特に庭の世話が大変な夏場と収穫した野菜や果物を保存処理しなければならない今の時期はあっというまに時間が経ち、うっかり水やりを忘れるということもざら。

先日鉢の中にsnow mouldを見つけたので全て消毒をして植え替えてあげた胡蝶蘭たち。これで暫くは大丈夫、とたかを括っていたら急激に湿度が上がったためか別の種類の見たこともないカビが鉢の中に生え始めている。

どうしたもんかなあと考えていたらネットで水栽培をしている人の話を読んだ。週に2日水に浸けて残りの5日は根を乾かすというやり方らしい。それなら株と鉢を清潔に保つことも容易いし植え替える手間とコストが省ける。

と、いうことで今日から我が家の7株の胡蝶蘭達は水に浸かっている。


f0045624_18495823.jpeg


大丈夫かなぁ。うまく行くだろうかちょっと不安。



[PR]
by uk_alien | 2018-09-13 19:05 | Orchids 胡蝶蘭 | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る