<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

At last

At last we have exchanged our contracts today, which means we have now secured the flat at the agreed price (yes, we paid the additional 1,500 pounds in the end though we have requested 'evidential documentation' for the additional sum and we shall have it).

The seller cannot ask for a single penny more. We've locked the bastard in. Well done to everyone who has been working extremely hard for commission, fee or home.

Hooray!
[PR]
by uk_alien | 2012-11-28 02:48 | house move | Comments(0)

チーズケーキの幸せ

先日、中華食材の大きなスーパーマーケットへ買出しに出かけた。久しぶりにシフォンロールケーキを買おうかなと見ていると、ふと「Japanese Lemon Cheesecake」と名乗ってどでかいチーズケーキが丸ごと売られているのに気がついた。

New York CheesecakeならきいたことあるけどJapanese Cheesecakeというのは初耳だな、と思いながらしげしげ眺めていると、旦那が「だめもとで買ってみたら?」という。

フィッシュアンドチップスやステーキ&エールパイに舌鼓を打つようにはなった(なってしまった)ものの、どうもデザートだけはこの国の暴力的なバター味になじめずにいたので、「ま、どうせ美味しくないだろうけどだめもとで」と買ってみた。

いやはや、これがまた美味しいのなんの。

「こういうものが存在したよなぁ...好きだったよなぁ...すごく」と一気に記憶がもどってきた。「ベークドチーズケーキ」っていうくくりだったと記憶する。しっとりしててふわふわでクリームチーズの味がほんのりして....。で、ラズベリージャムとかチョコレートとか余分なのが混じってない。いいなぁ、こういうの。

これを2~3日でたいらげた後はすっかり頭がチーズケーキでいっぱいになった。

今日は買ってあった美味しそうなカボチャ使って簡単そうなこの人のレシピでカボチャのチーズケーキを作った。目下冷蔵中。わくわく、わくわく。

来週は先日食べたケーキに写真の質感が一番良く似ているこの人のレシピを使って「ベークドチーズケーキ」を作ってみようと思う。
[PR]
by uk_alien | 2012-11-26 05:46 | food & drink | Comments(0)

The Ginger Tree

友人との待ち合わせで時間があったので久しぶりにPiccadillyのWaterstonesで時間をつぶした。来年のカレンダーをみたり、やけに時代遅れにみえるステーショナリーのコーナーをぶらついたり。

と、積み重ねて展示されている本のタイトルが目に留まった。

The Ginger Tree



いつかどこかでレビューを読み記憶のかたすみにタイトルだけ残っていた。本を手に取り頁をめくると新しい本を手にしたときの独特な興奮と期待感が心に湧き起こるのを感じた。電子ブックとは異なるtactileな刺激。

本の裏表紙にある梗概を読み、さらに興味が湧き、これは買うしかないと値段も気にせず購入した。

12.99ポンド。高いよね、きっと。後でチェックしたらKindle版は半額。でもなぜか後悔の感はわかず、以来この時代遅れな形の読書を楽しんでいる。

秋だしね。

The Ginger Tree by Oswald Wynd
Eland Publishing Ltd

Synopsis
In 1903 Mary Mackenzie sails for China to marry the British Military Attache, a man who turns out to be every bit as chilly as the Peking Winter. During one of his many absences, Mary has an affair with a Japanese soldier, Count Kurihama, but her pregnancy is impossible to keep secret.

Rejected by husband, mother and country, and forced to leave her daughter behind, Mary flees to Japan. The Ginger Tree tells the fascinating story of her survival, isolated and alone, in this alien culture.


About the publisher - Eland (This publisher is based in London.)
Eland specializes in keeping the classics of travel literature in print. Eland books open out our understanding of other cultures, interpret the unknown, reveal different environments as well as celebrating the humour and occasional horrors of travel.

(Quoted from www.travelbooks.co.uk)
[PR]
by uk_alien | 2012-11-24 22:43 | books | Comments(4)

Bronze - RA

目下、Royal Academy of Artsで行われているBronzeは、太古の昔からモダンな作品まで世界中から借り出された代表作たちを
ブロンズ=芸術表現の素材という新鮮な視点から鑑賞することができる。

製作過程の説明の展示も非常に理解しやすい。
[PR]
by uk_alien | 2012-11-24 22:15 | art | Comments(0)

Always look on the bright side of life...

It turned out that Mr ‘Islam Mortgage’ hadn’t paid the ground rent since his purchase in 2008.

The ground rent is to be paid to the free holder directly (not via a management company), and there seems to be no penalty system in place to discourage from arrearage, so it’s not surprising. However, this has now been settled to our relief.

Also not surprisingly, his mortgage payments have been in arrears (and it sounds like for quite some time). This was the background reason why the exchange didn't take place yesterday as his solicitor does not have the ‘current’ mortgage redemption statement. According to this solicitor, the latest document in hand is from two months ago, so he/she needs an update.

Both our solicitor and our buyer (who happens to be a solicitor) believe this is a big lie. Due to the delay of the transaction, our mortgage redemption statement is now two months' old as well. Yet, what needs doing is simply to assume that the mortgage payments for these two months have been made (or not made) and calculate accordingly. It’s not a rocket science.

In addition, our seller has made 150,000 pounds in equity over the past four years. Even if his mortgage was 100% of the purchase price and if he hadn't made his mortgage payment (which is clearly known to us to be 1,500 pcm!) at all since his purchase, after the sales, he would be able to pay off all his mortgage with ease and still make a 72,000 pounds profit. This financial standing should be proven with a two months’ old statement.

We can therefore safely deduce that the solicitor FORGOT to request the redemption statement from the bank. He hasn't got one.

Just to make a point that this was the solicitor who all of a sudden started to push us ruthlessly to complete by the end of the month forgetting all the delays caused by him/her and falsely believing the documents on their side were complete.

I’m just amazed how incompetent a solicitor can be.

Our seller is furious as our additional payment of 1,500 pounds was subject to the exchange taking place on Friday, which didn't happen.

Now his solicitor is blaming our solicitor for all the blander to cover his/her ass. Naturally our solicitor is absolutely furious.

How does this end?

My husband and I are stressed to the core, physically and mentally.
[PR]
by uk_alien | 2012-11-24 18:44 | house move | Comments(0)

事実は小説よりも奇なり、と申します

私たちが買おうとしているロンドンのフラット。

この売り手(投資家)、非常に性質が悪い。

必要な不動産の書類をキープしていない+イスラムのモーゲッジを組んでいる+能無しのソリシターを雇ったという三重苦な上に、超業突く張り。

こいつのせいで購入の契約書の準備に非常に時間がかかり、そのおかげで私たちの家を買うはずだった最初のキャッシュバイヤーは業を煮やし、(家を見に来てから3ヶ月もたっていないのに)「こんなに時間がかかるなんてゆるせない。ミニマム6ヶ月の借家を借りなおすコストととして10000ポンドを払え」と散々私たちに文句を言った挙句、(「払う」っつーのに)「仕返し」と言わぬがばかりにオファーを突然取り下げてくれた。

それにしても、6ヶ月の賃貸で10000ポンド...。どんな家を借りるというのだろう?バッキンガムパレスでも借りるんだろうか?こいつらもつくづく自分勝手な業突く張りの年寄り夫婦だった。(このせいで目下私はイングランド南東部のポッシュなアクセントを持つ白人の金持ちの年寄りに拒絶反応を起こす傾向にある。)

さて、困難なハードルを乗り越え、やっと購入書類の準備が整った。業突く張りの年寄りバイヤーが去った直後に運よく見つかったバイヤーは彼女自身が不動産売買のソリシターで、こちらも異様な速さで準備が整ってくれた。

さあ、completionはいつにする?という話になる。

バイヤー側は、契約書の交換(exchange)は即刻可能、不動産の受け渡し(completion)は仕事の関係で12月の中旬という。

私たちはいつでもOKなのだが、来週(11月の最後の週)は引越屋の空きがないので駄目。それ以降ならOKだけど、バイヤーの都合が悪いということで中旬まで待つ、ということで合意。

そしてMr イスラムモーゲッジはというと....

「11月いっぱいで受け渡しが完了できないなら僕の12月分のモーゲッジ、1500ポンドはお前たちが払え」と私たちに言い寄ってきた。「プライベートのマーケットでもっと高価な値段で買うと言っている人がいるからその人に売ることもできるのだ」と脅してくる。

なんてこったい。

怒り狂う心を、<ここ3ヶ月のフラットの価値の上昇40000ポンド -このふざけた野郎への捨て金1500ポンド=38500ポンド>とう数式でなだめ、「今日中に契約書交換をするなら1500ポンドを支払う」と同意した。

で、どうなったかというと...Mr イスラムモーゲッジのソリシターは彼らとMr イスラムモーゲッジの間に必要な書類を揃えきっておらず(爆)、よって契約書交換にいたらず。

ばかはどこまでいってもばか。救いようがない。

ドラマはつづく。
[PR]
by uk_alien | 2012-11-24 03:55 | house move | Comments(0)

One step forward

After all this prolonged agony, things fall into place all of a sudden. They say it's always like this when you move; however, when you are left in the dark (and it is literally pitch black even when you are frequently communicating with the solicitor) you don't see the light at the end of the tunnel - you feel all but positive.

Anyhow, all the documents that were wanted for us have now been in place and we are ready to move ... well, in 3 weeks' time. Why that long? It's just our buyer being unable to obtain the formal mortgage offer documents so soon (though she's already got the approval from the bank) and also unable to complete the week before. Nevertheless, hopefully we can exchange the contracts a bit sooner - perhaps towards the end of the next week-ish - so that we can secure the deal.

At last we can plan for the future!

The first thing to think about? - A new cat litter box. (Yes, we are that sad.)

We are down sizing a lot, so the current huge cat litter box needs to go. Do you think this is practical?

f0045624_541569.png


It's pretty much diddy and having look at this video, I'm fairly convinced it will work with our cat (and our dog who takes his pleasure in picking out cat poo from the litter box).

Whist I was enjoying these leisurely thoughts for a change, my husband just called on the way home. Apparently our seller is now pushing to complete by the end of next week.

... Well, though we are completely ready, our buyer's money may not be in place in time, and therefore planning for such a highly implausible and hasty completion date is naturally risky.

I can tell that the seller simply wants to avoid another monthly 'mortgage' payment (whatever this is called in their part of the world). This is a seller who didn't pay his ground rent for the past four years and was forced to settle it before selling his flat.

Oh, my anger rises. All these three months of torments...

... Don't you... Don't you ever have a slightest sense of decency to REALISE it was YOU? It was YOUR SIDE which was creating all the inconveniences and delays? Are you that stupid ignorant inconsiderate brain-damaged greedy MONKEY?!

...My apologies. This analogy is utterly unfair to the monkeys.



Really. They say a house purchase is one of the most stressful events in life and I can honestly condone it.
[PR]
by uk_alien | 2012-11-22 04:30 | house move | Comments(0)

引越し計画

広い家と美しい庭と広大な景色をきっぱりあきらめてロンドンのど真ん中に引っ越すことにした。

なんでここを手放しちゃうの?とよく聞かれる。

理由は沢山ある。

身体の不自由さ、夫婦共に仕事の多忙さ、通勤時間の無駄と通勤費の高騰(と鉄道会社のショッキングなサービス)、急速かつ低迷の影を全く見せないロンドン中心の不動産価格の価格上昇(買い換えの差額は広がる一方)、現在の家をリノベーションするための追加投資の費用対効果、定年後のプランへ向けてのフレキシビリティー、気分転換、等々。



別にこの家が嫌いで手放すわけではないのでちょっとつらい。大分つらい。秋の美しさが冴えるこの時期はやっぱりかなりつらい。

どの国も同じかもしれないけれど、イギリス/ウェールズの家の買い替えはまさに悪夢で、私たちもここ数ヶ月どつぼにはまっている。私たちの家の買い手、私たち、そしてロンドンのフラットの売り手(イギリスの某地方都市に住む投資家)と、チェーンはこれしかないのにことは進まない。

一番の問題はこの投資家が宗教上の理由でイスラムのローンを組んでいること。このシステムだと、リースの名義はローンを提供する銀行であり、投資家は銀行からサブリースする、という形で契約が組まれている。

私たちはサブリースでなく「銀行が有しているリースを購入する」という契約書が必要なのだが、いわゆる「通常の手続き」とは異なるため、ソリシターがこのシステムを把握していない(もしくは把握する知性と知識欲とプロフェッショナリズムがない)と、結構絶望的。運悪く売り手のソリシターはこのカテゴリーに属している。

運よく私たちのソリシターはかなりの切れ者の女性で、目下、役立たずの売り手のソリシターをバイパスして、銀行側のソリシターを直接取り扱ってことを勧めている。

そんなこんなしているうちのここ2~3ヶ月で私たちが購入しようとしているフラットの価値は一気に4万~5万ポンド近く値上がりしてしまった。すでに自分たちのものならいいニュースなのだが、物件の少なさも手伝って、この機を逃したらかなり予算を上げないとロンドン中心には買えなくなってしまう、と思うと冷や汗が止まらない。

皆さん、(イングランド/ウェールズの不動産売買において)イスラムのローンを組んでいる売り手には注意してかかりましょう。通常よりかなり時間がかかり、コスト面でもFIXED FEE/NO PURCHASE NO FEEでやり手のソリシターを雇っていないとかなり費用がかさんでしまうのでは。私たちはこの遅れのせいで、トラブルフリーの売買を期待していた最初のキャッシュバイヤーにかなり嫌な思いをさせられた挙句にオファーを破棄されました。運よくすぐに安定したキャッシュバイヤーを抑えることができ、彼女もこの家が買えるならいくらでも待つ!といってくれていますが、先に説明したロンドンの価格高騰と買い替えの差額のギャップの増大への心配もあって、結構冷や汗ものです。ちなみにHSBCはこのタイプのローンは今後はUKでは提供しないとアナウンスしています。
[PR]
by uk_alien | 2012-11-16 04:16 | house move | Comments(2)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカMモノクローム。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習と音楽理論の勉強をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る