人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初めてのトリル - Chopin Nocturne C# Minor

新しいプロジェクトとして始めたChopin Nocturne C# Minor。相変わらず全然進まない。

トリルを弾くのは初めてなので、先生にどう弾けばいいのかと尋ねると、「この段階ではあせって速く弾かないでゆっくりレガートで弾いてください」との返事。16分音符くらいのスピードで弾くと「そう、それで十分です」との返答。

しかしここで気を緩めて、ある日突然「トリルは速やかに軽く美しく弾くように。もうこの段階では常に安定して弾けるようになっていなければダメ」と言われるのは目に見えているので今から少しずつ地道に練習していこうと決意した私。

ネットで調べてみるとトリルは「鍵盤を完全に持ち上げるのではなく連打出来るポイントを見極めて手指を緊張させずに弾く」のだそうだ。バスケットボールのドリブルに近いような感じだろうか。





① 右手のひとつの指だけでキーを連打し「ドリブル」感覚を味わってみる。
② 左手の伴奏に対し、右手のひとつの指だけで2連符、3連符を弾きタイミングを理解する。
③ 左手の伴奏の8分音符に対し右手のトリルを3連符、4連符、5連符、6連符と増やして慣れて行く。
④ ペダルを入れて右手のトリルを数えずに弾いてみる

トリル自体の練習も重要だけど、トリルにすんなり入る感覚と、タイミングよく抜け出す両手のコーディネーション練習をしっかりしなくてはいけないと思った。

これにルバートのレイヤーが重なるのかぁ。

先は長い。

by uk_alien | 2019-11-26 07:51 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

ハーモニー分析

今読んでる本で紹介されていた。
YouTubeにアップされているモーツァルトC Majorソナタのハーモニー分析↓




イラストの完成度の低さに深い味わいがある。笑

by uk_alien | 2019-11-22 00:29 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ピアノオンラインヒーローたち

Josh WrightとGraham Fitchがピアノ練習について話し合っている最新ビデオ。




夢の共演(笑)。
お二人のネット上のフリービーには常に感謝しております。

by uk_alien | 2019-11-21 04:16 | Piano ピアノ | Comments(0)

プチ練習No.24 Gretchaninov Op.98 No.4 Farewell

プチ練習No.24はGretchaninov Op.98 No.4 Farewell。







f0045624_03504308.png




うーん平たい。
仕上がりを想像してそれをキーボードの上で再現できるように練習したらいいんだろうな。

by uk_alien | 2019-11-20 04:03 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

Lemoine Op.37 No.12 右手のスピードアップ練習

英語で、freak outという表現がある。私の知っている日本語では「パニクる」(「パニック状態に陥る」のちょい手前)って感じだろうか。

ホリデー前に始めたLemoine Op.37 No.12。右手の速い動きが要求される。間違えを学ばないようにとゆっくりじっくり練習し始めたら先生に「ゆっくり練習しすぎないように」と注意された。それならばとがむしゃらにスピードに乗る練習をしてレッスンに臨んだら今度は「焦りすぎてはダメ」と注意される。


とりあえず帰宅。

うーん、まずい。混乱した。どうしたらいいかわからなくなった。

「千里の道も一歩から。少しずつ上達しているんだから」という天使の声を遮って底意地の悪い悪魔が囁く:「ほーら以前と全く同じパターン。何週間たってもスピードが上がらずどんなに頑張っても次から次へと新しい問題が浮上してきて絶望するんだよ。大体歳くってからピアノを習うなんて無理なんだから。もう限界じゃないの?」

...I'm freaking out.

とりあえず練習をやめる。

チキンレバーを使った新しいレシピの夕飯を作りながら(すごく美味しかった)、強目のジン&トニック「セラピー」にすがることに決定。(こうしてアル中は出来上がる。)

149.png

さて、翌日。

パニクってもしょうがない。「先生」も人間。プライベートレッスンだろうがなんだろうが過去に生徒に何を言ったかいちいち覚えている人はまずいない。彼女の意見はその都度重要な「鏡」として素直に受け止め、自分の練習の責任はきちんと自分で負おう、という気になった。

速いパッセージのスピードをあげるために今までどんなアドバイスを受けたか、どんな情報をネットで得たか、何が役だったかを振り返ってリストを作ってみることにした。

  • 腕が自由に動ける姿勢を保つ
  • 緊張のないリラックスした状態
  • 常に先を考える(演奏のスピードの限界は手指ではなく思考のスピードの限界に依存する)
  • 曲中に道しるべを作りそこへの方向性を意識する
  • 大きなチャンクで考える
  • 長時間の練習は逆効果
  • 左右のコーディネーションワークを怠らない
  • パルスを意識する
  • メトロノーム使用の際は完璧にきっちり合うようにする

などだろうか。

軽さを保ちつつ速く弾くための具体的な練習方法の情報は主にネットからで、

  1. 最初は超ゆっくり、一つ一つの指、キー、キーベッドを意識して弾く
  2. フィンガースタカート
  3. ハイフィンガー
  4. キーベッドに達した直後に緊張を解くためのシェイキング
  5. 異なる場所にアクセントをつける
  6. リズムワーク
  7. あらかじめ決めた場所で停止する

等々。

小さなセクションごとにこれらを練習してみる。結構うざいけど、藁にもすがる思い。





完璧ではないにしろ110 bpsまで右手のスピードが上がった。明確なプランがあると意地悪な悪魔くんの囁きは静かにおさまってくれる。

とりあえずこの練習を繰り返して右手をもう少しスピードアップし、左手を練習して両手のコーディネーションワークに手をつけようと思う。

by uk_alien | 2019-11-14 04:18 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

手作りの罠

名古屋といえば鰻、札幌はラーメン(かな?)。という具合でイギリスのデボンといえば、クリームティー。

わくわくしてホリデー先の店でスコンを買ったら甘すぎて全然美味しくない。やっぱり自分で作るしかないのかなぁ。

大枚を叩いたレストランの料理も自分達で作ったものと比べると今ひとつ満足感がない。融通がきかないのかケチなのか。

そんなこんなで相変わらず手作りの罠にはまっている毎日。

月曜にグラノラ。

f0045624_20383354.jpeg

火曜は乾燥豆からの大豆煮。

f0045624_20333913.jpeg


今日はヨーグルト作り。

f0045624_20393243.jpeg

作れる時間がとれるだけラッキーなのかな。

でもこの時間をピアノ練習に向けたいんだけどなぁ。









by uk_alien | 2019-11-13 20:43 | food & drink | Comments(0)

プチ練習No.23 Gretchaninov Op.98 No.3 March

休暇でまるまる一週間ピアノに触れられないというのは少しナーバスになる反面、それ以外のことに100%集中できるのでいいリフレッシュになる。


帰宅後セットバックは仕方がないと諦めすごすごと練習を始めた。


ということで、今日のプチ練習No. 23Gretchaninov Op.98 No.3 March


楽譜はこちら


f0045624_00323573.png







弾いていると本当に眠くなってくる。(繰り返し部分を弾いていない怠惰な私。)


by uk_alien | 2019-11-12 00:38 | Audio ピアノプチ練習 | Comments(0)

レイバーンで美味しいディナー作り

休暇の過ごし方は人それぞれ。

私達はというと、老犬老猫を共に引き連れ11月にカントリーサイドに向けてハイキングホリデーにでかけるのが恒例。

毎年レンタルしているこの藁葺き屋根のコテージは季節柄大変割安でしかもレイバーンが設置されておりとても暖かい。



f0045624_03414110.jpeg


↑ウォーキングブーツとゲイターと犬のタオルがキッチンストーブの周りに散らばってる(非衛生的な)光景が実はUKカントリーサイドの理想だったりする。

さて、年々料理が面倒になってきている私。それでも今年は何を思ったか折角コテージに設置されているのだからと初めてレイバーンを使った調理にチャレンジしてみる気になった。

全然違うスタイルの料理。重ーい鉄の鍋を注意して取り扱いながらオーブンでゆっくりじっくり煮込む。温度設定が「適当」だから火の通り具合もまめにチェックする。



f0045624_04113214.jpeg


f0045624_04555734.jpeg

これらのレシピは以前家で作ったことがあるけど、やっぱり遠赤外線のオーブンでゆっくり調理すると仕上がりが違う。美味しい。

こういうのもホリデーならではの贅沢だ。

by uk_alien | 2019-11-06 01:13 | holiday | Comments(0)

10月最後の光はKazuo Ishiguro色

昨日Waterstonesへ行って、何も買わないで帰ろうと思っていたらテーブルに積んであったこの本が目に留まった。

f0045624_00243563.jpeg
贅沢。

by uk_alien | 2019-11-01 00:26 | books | Comments(0)

カメラ小僧のイギリス帰化人。愛機はライカM10-P。はたと思い立って始めた大人ピアノ初心者で目下楽しくて仕方がないピアノ練習をブログに綴る日々 ー London UK


by uk_alien
プロフィールを見る
更新通知を受け取る