ハノンについて

昨日ハノンのNo.1をネットからダウンロードしてウォームアップに使ってみた。

なかなかいいと思った。ウォームアップの後Bertini Op.100 No.14を弾いてみて目下の(そして一生解決することはない)問題である3番と4番のナメクジ指たちが少し独立気味に動くようになっていた。

しばらく他のことをした後再びハノンの練習をしてみて気づいたことが何点かあった。私(初心者、中年、関節・筋肉・腱に問題がある/出やすい)の経験からの推察で権威の全くない意見なのだが。

結論としては要注意(←自分に言い聞かせている)して使えば現時点の私の「課外教材」としていいマテリアルなような気がしている。意識を集中してウォームアップとしてゆっくり進める...全部で数分程度だろうか。

しかし、「もっと、もっと」と長く続けてると「早く弾きたい、最後まで一気に終わらせたい」気持ちに追われて自動的な動きになりやすく、左右、各指のコーディネーションや手指のリラックス感の確認に気が行き届かなくなってしまう。練習している最中で左手の薬指を使うたびに人差し指がキーボードから離れ始めていることに気が付いた。そして全体の指が少し熊手のようになってキーボードから離れてきている。まずい。直さないと先生に怒られる。さらに、腕や肘の腱への影響がかすかに現れ始めたのでその段階で即座にストップした。

生徒の筋・骨格系に問題がなく、先生が脇について問題点を即座に指摘し直させることができる環境だったら全く心配はいらないのかも知れない。

私の先生に関して言えば、若いけれど筋・骨格系に関しては私と同様に問題がでやすい身体で、修士論文も演奏家の怪我について書いたということもあり、こうしたテクニックのための機械的な練習法には非常に慎重に対応しているようだ。因みに私の場合今使っているGraded Pianoforte Studyを使う前はテクニックの教科書としてDozen A Dayのシリーズを使っていた。(↓可愛いでしょう? 笑)


f0045624_19124654.jpg

英語の教科書や勉強法と一緒でどれがいいなんて一概に言えないのだろうなと察する。大人の初心者としては先生のいうことにしっかり耳を傾けた上で学ぶ側として自分でしっかり注意して考えて、自分のこととして上達していかなければならないのだろうと思う。

[PR]
# by uk_alien | 2018-03-09 19:33 | Piano ピアノ | Comments(0)

レッスンで自己ベストが弾けない

先日「ピアノをいつも自己ベストで弾けるようにするために」という記事の中で先生からいただいたアドバイスを書いた。練習していた曲もほぼ「可」の域に達したと先生もおしゃってくれたからだ。

しかし、このBertini Op.100 No.14、毎回一定のレベルを保って弾くことが出来ない。号泣

毎回先生のところに行って「今日が最後!」と思うのだが、スピードが遅くなったり、繰り返し部分の8分音符のレガートがすっかり崩れてスタカート状態になってしまったり。

今日は特に左手の5・4・3の指がよたよたと遅れてしまい撃沈。タッチが重すぎと指摘もされた。

メトロノームを100bpsにセットし、各小節の八つの八分音符のうち最初から五つだけを弾いて残りの三つは引かずにビートにしっかり乗ることを意識した練習をするように、と先生から言いつかる。

(↓こういう練習。ビデオだとまだ練習不足で結構いい加減。もっとしっかりビートを意識してdead on beatで弾けという意味だと思う。あとバーの最初の三つの8分音符でもたつくと言われたからそこの部分のコーディネーションをよくせよという指示もあったっけ)



しゅん。

おっと、落ち込んではいけない。ポジティブな姿勢を保とう。

それにしても、ここまで「ほぼ毎回レッスンで上手に弾けない」のはなぜだろう?

  • 練習が足りない?→曲自体の練習はかなりしてきたし、先生も練習は十分出来ているとおっしゃっている
  • 緊張している?→それはあまりない。が、指が思うように動かず音に表れてくるとものすごく焦ってくるのは確か
  • 集中できてない?→ものすごく焦ると全く集中できなくなる
  • 一度に沢山のことをやろうとしすぎている?→シンプルな曲なのでそれはない
  • 先をしっかり考えていない?→あ、それはある。指が動かないと意識が今弾いているところに集中してしまう
  • ウォームアップが出来てない?→ウォームアップのためのボディエキササイズは毎回レッスン前にやるけれど鍵盤上のウォームアップをすることはない
  • 椅子の高さがきちんと調節されていない?→今度は弾く前にちゃんと調節しよう

...指が動いていないんだ。根本のところはおなじみの小指と薬指の独立性の問題かもしれない...と思えてきた。確かにスケールは始めたばかりだし、指の独立性を高めるための練習はやってないし。

少し調べてこのイギリスベースのピアニストのメラニーさん(Melanie spanswick)のウォームアップに関する記事を読んだ。以下は彼女のブログから抜粋。

"My own warm-ups have always been a mixture of piano exercises and movement. I start by playing diminished chords (I have no idea way I choose these particular chords but it must be something to do with their convenient shape) from the bottom to the top of the keyboard. This seems to encourage my torso to move freely from one side of the keyboard to the other, allowing my arms and wrists to start working flexibly. The shoulders also like the feeling of ‘opening-up’ too. After doing this (for a very short time incidentally), I will play a few Hanon exercises. I haven’t always been a Hanon fan at all but more recently I have found them useful if practised in a certain way, they really can help to loosen up the joints.

Here’s the opening of a typical exercise taken from The Virtuoso Pianist:

piano sheet music of The Virtuoso Pianist Part 1 (1-20)

I find it beneficial to work at these slowly and in a very focused way; using full weight from the arms behind each finger especially on the fourth and fifth fingers, building up their strength. So in the above exercise, I would concentrate specifically on the first and second note at the beginning of each bar in the left hand, making a special effort to put my weight on the fourth and fifth fingers as they appear each time. I would also play extra accents on the fourth (and probably on the fifth) finger every time in the right hand too, encouraging the fingers to work properly. The more arm weight you use then the more your finger will spring into action (it’s best to make sure your finger is really playing on its tip and your knuckles are engaged properly too), you will also produce a much fuller richer tone as well when you practice in this way. I like to add extra accents when playing these exercises, almost displacing the rhythmic pulse; this can help with coordination as well."

概略 私自身のウォームアップはディミニッシュコードの和音を低音部から高音部に向かって弾くことで上半身、腕と手首の柔軟さを取り戻し、肩を開かせることから始めます。そして私はハノンファンではなかったのですが、最近では使い方によっては役に立つ、特に関節を柔らげるのに効果的と思っていくつかウォームアップに使っています。ゆっくりとしたスピードで意識を集中し腕からのウェイトをサポートするために掌をしっかり保って指の先を使って弾いていきます。特に左手の4番と5番の指に関しては腕からのウェイトをかけ、右の4番と5番に関してもそこだけに余分のアクセントをつけたりしてこれらの指がきちんと動くよう練習します。こうした弾き方で練習することでより深みのある豊かな音色を奏でることができ、通常とは異なるところに余分なアクセントを置いて弾くことでコーディネーションの練習にもなります。

興味が湧きハノンのサイトから楽譜をダウンロードして弾いてみた。メカニカルになりすぎると意味がない(もしくは怪我の元になる)かもしれないけれど、気をつけて使えば私の軟体動物のような薬指と小指のレスキューになるかもしれないと思った。

今週ウォームアップに使ってみよう。

[PR]
# by uk_alien | 2018-03-08 09:58 | Piano ピアノ | Comments(0)

ピアノ練習動画 ー Liszt Romance

まだまだ頑張るプロジェクト、LisztのRomance。失敗だらけ 笑。
楽譜はデスクトップなら先日この記事で紹介したMusescoreで閲覧可能。フリーのアカウントを作ればPDFで普通にダウンロード出来る。



言いたい事は山々なのだろうけれど、とるあえず先生は下記の点に絞って指摘してくれた。

慌てないで時間を取るところはしっかりとる。
Rubatoのカンをつかむためにメロディを歌いながら弾く

Bar 25 スラー&スタカートはもっと時間をかけてpersisting but hesitantly
Bar 30 etc Arpeggiationのところは特にジャラっと一気に弾かずパラパラと。
Bar 31 Chord部分は弱くなり過ぎない
Bar 37 Smorzandoからa tempoで戻るところでは左手最初のEからではなく時間をかけて二つ目の8分音符のBから戻るように
Bar 67 二回目なんだからどう違いを出すのか考えて織り込むこと
Bar 71以降 弱まる指定の記述はないので消え去らないよう終わりに向かってボリュームを保とう
Bar 75以降 左手がもたつくのでスピードアップの練習

はい、頑張ります。


[PR]
# by uk_alien | 2018-03-07 07:28 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

Teign Valley

久しぶりに写真を処理した。ピアノの練習にかまけて最近全然カメラに触っていない。


f0045624_03165437.jpg


ソフトウェアの機能もどんどんよくなって、コントラストが少ない白黒ファイルも簡単に扱えるようになって嬉しい限り。

[PR]
# by uk_alien | 2018-03-06 07:28 | photography | Comments(0)

初心者向けのピアノスケール練習の順序

f0045624_05035899.jpg


3年半もピアノを習っているのに私はスケールを全く練習していない。

ピアノが達者な方のブログで「今から思えばスケールをもっと練習しておけばよかった」とおっしゃっているのを拝読し、はたと自戒の念にかられ、「私、これからスケールの練習をちゃんとします」と先生に伝えた。

はい、じゃこの順番で練習してねと教えてくださった内容は下記の通り。

私のレベルでは下記の6点を踏まえた上で(1)がひと通り出来るようになったら(2)へ進み、それが出来るようになったらさらに(3)に進むという順番で練習すること。

  • 効率が悪いので片手ではなく最初から両手で弾き、弱点を見つけたら片手に切り換えて練習し、また両手に戻す
  • Contrary(左右の手が反対方向に動くスケール練習)のではなく、Parallel(左右の手が平行に動くスケール練習)で行う
  • 各キーについて1オクターブから始めて、2オクターブ、3オクターブと広げる
  • 一番大事(なのだそうです)実際に鍵盤上で練習する前に頭の中で、①どのキーを練習するのか、②Key Signature(調号)は何でどの鍵に影響しているのか(例えばG Major→F#=鍵盤上の位置をイメージ)をしっかり考え口に出して理解を確認、③スケールは鍵盤上でどう見えるのか、弾いた時にどのように感じるのか(アップ&ダウン、ステップの距離感等)をイメージする
  • Minorスケールは今はHarmonicに集中する
  • スピードはゆっくりとコンスタントなペースで行なう。clarityが最も重要(←ここでいうclarityとは、どの音にもアクセントがなく、安定した重すぎないタッチのきれいなレガートを継続的にスケールの全体に適用出来るという意味に私はとった。言うは易し 涙。でも練習すればできるようになるのかもしれない。)

(1) Key Signature(調号)の順
  • C MajorからCircle of Fifth(5度圏)で#を終え、bへ
  • A MinorからCircle of Fifthで#を終え、bへ
  • Enharmonic(異名同音)は効率上ピンとくる方どちらか一つを選んでそちらで覚える(全部で12のキーだけ覚えるように)

(2) Chromatic順/各キーMajorとMinorで
  • C Major→C Minor→Db Major→C# Minorと進んでいく
  • この段階でアルペジオの練習を導入する

(3) Relative scale(平行調)の順
  • #の数がゼロの平行調(C Major/A Minor)、一つ(G Major/E Minor)二つ、三つ...と進み、bも同じように練習する

以上。先生たちのバックグラウンドや経験、方針によって教え方は色々違うのだろうが私はとりあえず忠実にこのアドバイスに従おうと思っている。

ちなみに今(1)のBb Majorまできた。初心者の私にとって定番の運指を離れてややこしくなり始めたところ。「3と4の組み合わせがポイント」と先生に言われたけれど、脳みそと指を動かす神経が繋がらず間違いを繰り返す。まずい、これは間違いを学んでしまう、と焦る。と、YouTubeで有名なJosh Wrightのビデオのアドバイスを思い出した。

「運指は4がポイントになるから左の4を使ったら『左』、右の4を使ったら『右』、と声に出して言うといい」

声に出すと左右の意識が高まり、間違えるとその瞬間に気がつくからそれを意識的に正すことで間違い癖を避けることが出来る、というわけ。大人の初心者には結構いいコツかもしれない。

ついついスピードアップにかまけて練習の質をおこたってしまう。常に忘れないようにこの記事に戻ってこよう。

[PR]
# by uk_alien | 2018-03-04 16:02 | Piano ピアノ | Comments(0)

ピアノをいつも自己ベストで弾けるようにするために

ピアノの先生からBertini Op.100 No.14について、今週は「しっかり練習した曲を常に同じように(自己ベストに近いレベルで)弾けるようになることを心がけて練習してください」と言われた。

そのためにはこの段階で
  • 練習に冒険的、試験的な変化をつけない
  • 部分練習はしない
  • 曲が自己ベストになるためのレシピを確定させ、その同じレシピをいつも繰り返せるように
  • 曲の練習は日に1回か2回だけ弾く程度、ただし意識を集中して行うこと
  • 常に先を考えることを忘れない(今に集中してしまうとスピードが落ちてしまう)

なのだそうだ。

寒いから部屋を温めて練習しよう。

追記
私のこの曲のレシピは何だろう。
  • 100bps
  • Relaxed posture, fingers, with good supported palms
  • Listen/monitor my own playing
  • 2 bars ahead and never get lost in the score
  • Concentrate on long notes/Tenuto
  • Think of the quavers as trills
  • Come down intentionally together for 3&3 before the left hand arpeggio
  • Stay close to the keys

[PR]
# by uk_alien | 2018-03-03 08:52 | Piano ピアノ | Comments(0)

珈琲をどう飲む?

f0045624_23091562.jpeg
日本のフィルターコーヒーは美味しいと思う。

私はコーヒー通ではないのでよくわからないし、人それぞれ味の好みが違うから何とも言えないけれど、長い行列が出来るロンドンのモンマスコーヒーか、香典返しでもらう丹沢コーヒーかどちらかを選択せよ、と迫られたら迷って選べないかもしれない。

無い物ねだりをしても仕方がないので私はバラ・マーケットのモンマスで豆を買って家で入れるようにしている。週中は安価なスーパーマーケットWaitroseのフレンチブレンドで我慢して、週末は夫と二人で朝のモンマスコーヒーを楽しむのが習慣だ。

きっと入れ方に凝っている人も沢山いるに違いない。


f0045624_22371842.jpeg

私たちはあまり深く考えずに、このイタリアのビアレッティというメーカーの直火式エスプレッソメーカーをずっと使っている。フィルターの必要がなく、中のゴムの部分を時折買い替えるだけで十数年もっている年季もの。

今週イギリスはThe “Beast from the East”(東方からの怪物)とあだ名され遥かシベリアから流れてきた例年にない氷点下気温とそれに伴う雪と凍えるような風に悩まされている。私の夫も出張先のスコットランドで空港閉鎖にあってしまい、カンヅメ状態で帰ってこれない状況。

窓の外は雪。東から吹き寄せる風が粉雪を舞い上げる中、小鳥たちは必死に庭にしつらえた餌を頬張っている。可哀相に、と思いながら珈琲を沸かした。




ほっとフォトコンテスト





[PR]
# by uk_alien | 2018-03-01 23:20 | food & drink | Comments(0)

ピアノ練習動画 Bertini Op.100 No.14

一体身体を緊張させないで速く弾けるようになんかなるんだろうか、というのは大人の初心者なら皆思うに違いない...と自分をなぐさめて「覚えてしまった」間違いと崩れたアーティキュレーションを取り戻す練習をしてからスピードをあげる。

両手105bpm 前後。Allegrettoだからスピードはこれくらいでいいか。



リピートで最初に戻ると右手の薬指が疲れちゃって上手く動かせない。ってことは緊張が解けてないんだよな。

イカになったつもりで弾いてみよう。(笑笑)
真ん中のセクションは8分音符たちを忘れてテヌートの音に頭を集中して弾こう。
左右で同時に弾く音のコーディネーションをもちょっとよくしてその効果をきちんとモニターしよう。
左手のアルペジオをちょっと練習しよう。

で、130 bpsまで上げて110 bpsに戻って来る...のが理想だけど手が疲れちゃうかもしれない。よし、30分以内。

[PR]
# by uk_alien | 2018-02-27 19:22 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5

「ABRSM(英国王立音楽検定、と日本語にすると凄い響き)の音楽理論は勉強するとためになる」とピアノの先生に勧められ、グレード2から4までのエキササイズブックを終わらせた。(何も覚えていないような気がする 涙)

ちなみに、ご興味のある方は→ABRSM(The Associated board of the Royal schools of Music)の英国サイトへどうぞ。
日本では公益財団法人かけはし芸術文化振興財団が日本代表事務局として試験を運営しているのだそうだ

「グレード5はとっておくと便利だから受験を考えてみるといい」と言われながら薄いグレード5のエキササイズブックを勉強し、先日終了。「便利」というのはピアノの実技試験で6〜8級(!)を受けたい場合の必要条件になるという意味で、私がこれらの実技試験を受けたいか、もとい生存中に受けられるレベルに達するかどうかというは全く別問題である。

ピアノを楽しんで学び、好きな音楽を異なる角度から理解するのに役立つことを考えると音楽理論の勉強は苦にならない。外国語の勉強とよく似ているような気がする。ただ漠然と不思議な外国語が単語や文法を勉強することで自分のものになっていく、そんな感じだ。

でもなんでもそうだけど「試験」となるととても緊張する。

最後「試験」を受けたのはいつだったろう。げ、7年前のこの職務資格試験だ。それを考えると衰えた脳細胞に鞭打って勉強するのはボケ防止でいいかもしれない。そろばん検定と同じで失敗したら何度でも受ければいいんだし(ちなみにそろばんは11級でやめている 笑)。

「11月の試験に向けてコツコツ復習、勉強してみるつもりです」と伝えると私のピアノの先生は「November!」と声を上げ「I don't want to PUSH you AT ALL, BUT(おー、きたきた 汗)その頃にはもうグレード6の勉強とかしてると考えていました!申し込みの5月まではまだ日があるからそれまで勉強してどんな感じか見てみましょう。準備が出来てない人を試験に送り込むようなことはしないから」ときっぱり。

と、いうわけで5月の申し込みに向かってグレード5の勉強に励むことになった私である。

[PR]
# by uk_alien | 2018-02-26 08:28 | Music Theory 音楽理論 | Comments(0)

ピアノ練習動画 スピードアップは難しい Czerny Op.139 No.70

まだまだ練習を続けるこのツェルニーの練習曲。右手を130 bpmまで上げた。でも既に無我夢中で走ってゼイゼイしている感じ。余裕がないなぁ。





覚書
  • 腕が身体に近くなり過ぎないよう自由に動くスペースをとろう。
  • 緊張をほぐして、緊張したな、と思ったら緊張を解いてから再スタート。
  • 8分の3拍子→Tripleなんだから、最初の拍子とグルーピングの最初の音を意識して重みを使ってスピードに乗る。
  • 常に先を考えよう。(楽譜で先を「読む」より暗譜で先を「考える」練習をした方がいいかのしれない。)
  • 練習のしすぎに気をつけて。タイマーで練習時間を限ろう。(練習でHigh Cを連発すしるテナーはいない。)
  • スケールでアーティキュレーションが崩れたらスタカートで切り離して再びレガートに戻ろう。
  • タッチの軽さ、レガートと重心の配分がスピードのきめて。

長い道のりは続く。

[PR]
# by uk_alien | 2018-02-23 16:19 | Videos ピアノ練習動画 | Comments(0)

London, UK


by uk_alien
プロフィールを見る
画像一覧